近鉄特急が2月より全席禁煙へ、喫煙室のない旧型車は順次廃止

2019年12月24日(火)14時45分

2020年度末までに運用から外れる12200系
2020年度末までに運用から外れる12200系

近畿日本鉄道は24日、特急列車の座席について、2020年2月1日より全席禁煙とすると発表した。

今回の全席禁煙化は、特急車両への喫煙室設置工事の進捗と、2020年4月1日施行の改正健康増進法をふまえたもの。喫煙室を設置せず、客室内で喫煙可能な喫煙車を設定していた車両は、車内全ての空間で喫煙ができなくなる。

また、全席禁煙化にあわせ、喫煙室の利用可能区間も変更となる。従来は特急列車の全運行区間で喫煙室の利用が可能だったが、2月以降は大阪難波~大阪上本町間の地下線区間と、地下駅の近鉄奈良駅、近鉄名古屋駅、駅全体が屋根に覆われたターミナル駅である大阪上本町駅、京都駅、大阪阿部野橋駅では、喫煙室が利用不可となる。改正健康増進法では、喫煙が不可能となる「屋内」の定義を「外気の流入が妨げられる場所として、屋根があって、側壁が概ね半分以上覆われているものの内部に該当しない場所」としている。各駅・区間とも屋内の定義に合致するため、喫煙室の利用は不可能となる。

2月1日の全席禁煙化後も、喫煙室を設置している編成では、従来通り喫煙が可能。一方で、喫煙室を設置していない観光特急「青の交響曲」、および喫煙室の設置対象から外れた12200系のみで運転する特急列車については、車内での喫煙が不可能となる。なお、近畿日本鉄道は12200系について、2020年度末までに特急列車の運用から順次外すとしている。

2019年12月24日(火)14時45分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全836件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全499件

近鉄 特急 ( 喫煙 OR 禁煙 OR タバコ )で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全115件

鉄道コムおすすめ情報

画像

高輪築堤保存へ

JR東日本が、「高輪築堤」の2か所を現地で、1か所を移設して保存する方針を発表。

画像

肥前山口駅が駅名変更へ

肥前山口駅が、2022年度秋頃の九州新幹線開業にあわせ、「江北(こうほく)」駅へ駅名を変更。

画像

東武大師線で自動運転

東武鉄道が、大師線で添乗員付き自動運転の検証を実施。2023年度から。

画像

キハ40急行さと山号

小湊鉄道キハ40形の定期列車投入を前に、急行「さと山」号が4月23日・24日に運転。

画像

L/Cシート搭載の京急1000形

京急で始めて「L/C座席」を採用した新1000形20次車。車内を中心にご紹介します。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 日高本線鵡川~様似間廃止[2021年4月1日(木)]
  • アーバンライナー貨客混載事業開始[2021年夏]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年夏ごろ]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]
  • JR西日本ICOCAエリア普通回数乗車券発売終了[2021年9月30日(木)]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • 新幹線E4系運転終了[2021年秋ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: