JR九州、長崎駅の新駅ビル開発計画を発表

2019年12月12日(木)11時30分

外観イメージ
外観イメージ

JR九州は12日、長崎駅新駅ビルなどの開発計画について、概要を発表した。

新駅ビルは、在来線ホームの高架化・移転や、九州新幹線西九州ルートの開業などと連動し、駅周辺のまちづくりの拠点として開発するもの。「新幹線開業を契機につくる国際観光都市長崎の陸の玄関口」をビジョンに掲げ建設する。

開発計画では、現在の長崎駅舎や留置線がある位置に、地上13階建ての駅ビルを建設。商業施設やオフィスフロア、ホテルなどが入居する。また、新幹線と在来線の高架下にも、商業施設を建設する。その他、現在は線路が敷設されている位置には、駅前広場などを整備する。なお、既存の駅ビル「アミュプラザ」は存置し、新駅ビルとの連絡通路を設置する。

新駅ビルは、2020年春の長崎駅高架後、既存鉄道施設の撤去の後に着工する。商業施設など一部フロアは2023年春に開業し、ホテルを含めたグランドオープンは2025年度となる予定。高架下の商業施設は、新幹線開業と同時の2022年度開業を予定する。

2019年12月12日(木)11時30分更新

関連する過去の鉄道未来ニュース

  • *****************、****

    • 2017年5月23日(火)

    (この記事は鉄道コム有料会員になるとご覧になれます)

このニュースに関するツイート(新着順)

全15件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全348件

長崎駅 ( 駅ビル OR 高架化 )で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全8件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深いリバイバルカラーに一票を

西武 新101系赤電、185系ストライプ、伊豆急8000系無塗装、高松琴平電鉄 還暦の赤い電車…

鉄道コムおすすめ情報

画像

桜木町に開業時の車両を展示

6月に桜木町駅横で開業する複合ビルに、日本初の鉄道開業時の車両「110形蒸気機関車」が展示。

画像

山手線E231系引退

1月24日の東京総合車両センター入場により、山手線からE231系500番台が撤退しました。その歴史をたどります。

画像

よみがえった京急デハ236

京急前身路線の開業時に導入され、現在は京急ミュージアムに展示されているデハ236。その波乱な経歴とは。

画像

京都鉄博でキティ新幹線

イベント開催にあわせ、京都鉄道博物館の500系を「ハローキティ新幹線」仕様にラッピング。2月22日から。

画像

JR東海の新型通勤車

JR東海が新型車両「315系」を発表。2021年度より中央本線、東海道本線などへ投入。

画像

1月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年。1月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 秋田内陸縦貫鉄道AN8905号リニューアル車両導入[2020年2月上旬]
  • 東海道新幹線700系営業運転終了[2020年3月8日(日)]
  • 常磐線Suica利用可能エリア拡大 [2020年3月14日(土)]
  • 常磐線全線直通特急運転再開[2020年3月14日(土)]
  • E261系営業運転開始[2020年3月14日(土)]
  • 新潟地区GV-E400系投入完了[2020年3月14日(土)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: