大阪駅西側に新改札口や新駅ビルを整備、JR西

2019年12月11日(水)15時58分

開発計画の周辺鳥瞰図(イメージ)
開発計画の周辺鳥瞰図(イメージ)

JR西日本は11日、大阪駅西側エリアの開発計画を発表した。新改札口を整備するほか、高架下や新駅ビルを開発する。

新たな改札口は、大阪駅ホームの西端に設置。駅混雑の緩和や駅西側エリアへのアクセス性向上、新たなバリアフリールートの整備を目指す。改札口新設にあわせ、大阪環状線ホームは西側へと延伸。ホーム上の設備を高架下に移転・集約し、利用者用のスペースを拡大する。

新改札口に面する高架下エリアでは、新たに商業ゾーンを展開。バスターミナルも新設し、交通結節機能のさらなる強化を図る。

また、新改札口の北側隣接エリアには、新たに駅ビルを建設。地上23階・地下1階建てで、オフィス・商業エリアなどを配置する。また、現在イベント広場「西梅田スクエア」となっている新改札口の南側隣接エリアでは、日本郵便やJTBなどと共同で、地上39階・地下3階建ての大型複合開発ビルを建設する。

今回発表された各計画については、新改札口は2024年夏に、駅北側の駅ビルは2024年秋に、それぞれ開業を予定。高架下施設については、2027年春にかけて、順次開業する。なお、新改札口の設置予定地に立地する商業施設「梅三小路」「アルビアウトドア」については、今後閉館する。

2019年12月11日(水)15時58分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全52件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全371件

大阪駅 西 ( 改札口 OR 駅ビル )で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全20件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深いリバイバルカラーに一票を

近鉄6020系ラビットカー、キハ66系国鉄急行色、富士急1200形旧標準色、上信700形107系…

鉄道コムおすすめ情報

画像

京急ミュージアムが開館

1月21日にオープンした「京急ミュージアム」。その内部の様子をご紹介します。

画像

「モバイルPASMO」3月開始

Androidスマートフォン向けのサービス「モバイルPASMO」が、2020年3月に提供開始。

画像

常磐線が3月に全線復旧

3月14日に常磐線が全線復旧。あわせて仙台発着の特急「ひたち」が3往復運転。

画像

京都鉄博に幕末維新号

11月に定期運転を終えた「志国高知 幕末維新号」が京都鉄道博物館に入線。展示期間は1月28日~3月1日。

画像

急行「花たび そうや」

5月から6月にかけて、宗谷本線でキハ40「山明号」「紫水号」による急行列車が運転。

画像

1月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年。1月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • E261系営業運転開始[2020年春]
  • 東武アーバンパークライン六実~逆井間複線化[2020年春]
  • JR西日本新長距離列車導入[2020年春]
  • 東武鉄道C11形動態復元[2020年冬]
  • 上越新幹線E7系統一[2022年度末]
  • 青梅駅ホーム増設[2022年度]
  • 北大阪急行千里中央~新箕面間開業[2023年度]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: