JR東が下諏訪駅をリニューアル、待合室には囲炉裏風ベンチ

2019年12月10日(火)17時30分

リニューアル後の駅舎(イメージ)
リニューアル後の駅舎(イメージ)

JR東日本長野支社は、下諏訪駅をリニューアルすると発表した。

駅舎の外観は、旧中山道の宿場町であった下諏訪の街並みを表現した、黒の木目調をベースにデザイン。御柱祭をイメージした造作の柱や、温泉街の足湯をイメージした縁側通路や垂れ壁を設置する。

コンコースは、下諏訪の老舗商家である「伏見屋邸」をイメージした、外部と内部を結ぶ土間調の空間とする。待合室では、囲炉裏をイメージしたベンチを整備する。

今回のリニューアルは、現駅舎の竣工から20年が経過し、老朽化が進んできたことによるもの。利用者の快適性向上を目指し、駅舎内外を更新する。リニューアルの完成は、2020年3月末ごろを予定する。

2019年12月10日(火)17時30分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全2件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全2件

  • JR東日本・中央東線・下諏訪駅は、駅舎外観やコンコースや待合室をリニューアルする改修工事がおこなわれ、2020-3-27に改修工事が完了しました。下諏訪駅は、駅舎外観がリニューアルされました。駅舎...

  • JR下諏訪駅リニューアルです。

    • 2019年12月12日(木)

    こんばんは~かいじ117号です。JR下諏訪駅がリニューアルされるようです。昨年の3月ダイヤ改正であずさの停車本数が一気に減った下諏訪駅ですが来年(2020年)3月の完成予定でリニューアルされます。JR東日本長野...

    かいじ117さんのブログ

鉄道コム×オマツリジャパン

画像

乗ってみたい観光列車に一票を

52席の至福、しまかぜ、京とれいん 雅洛、或る列車、etSETOra、現美新幹線、SL銀河…

鉄道コムおすすめ情報

画像

お披露目された「36ぷらす3」

JR九州の新D&S列車「36ぷらす3」。黒いデザインとなった外観や、大きく変わった車内などをご紹介します。

画像

鉄路復旧の代わりに走るBRT

相次ぐ災害で被害を受ける鉄道。復旧手段として、近年はバス専用道を活用する「BRT」が取り上げられることがあります。

画像

半蔵門線に新型車両導入

半蔵門線の新型車両「18000系」。2021年上半期より順次営業運転を開始。

画像

熊電のくまモン1号引退

熊本電気鉄道の6000形「くまモンのラッピング電車」1号が11月27日をもって運転終了。10月から引退イベントも。

画像

渋谷駅「玉川改札」

9月25日をもってその役目を終えたJR渋谷駅の「玉川改札」。同改札の由来などを紹介します。

画像

10月の鉄道イベント一覧

朝晩は冷える季節となりました。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: