新型改札機や清掃ロボットを導入、2020年春開業の高輪ゲートウェイ駅

2019年12月3日(火)14時37分

高輪ゲートウェイ駅
高輪ゲートウェイ駅

JR東日本は3日、山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の駅サービス設備などについて、概要を発表した。

同社は、この高輪ゲートウェイ駅について、「グローバルゲートウェイ品川」をコンセプトとした周辺再開発地域の核として、最新の駅サービス設備の導入・実証実験を進める場と位置付ける。

駅サービス設備としては、警備ロボットや清掃ロボット、駅案内AIサイネージなどを試行導入。駅案内ロボットや移動支援ロボットの実証実験も行う。自動改札機は、タッチしやすい新型機を試行導入。QRコードによる改札機利用のモニター評価実験も実施する。券売機周囲では、運賃表に液晶ディスプレイを設置し、日本語と英語の2か国語表示を実現。コンコースでは周囲の騒音に応じて放送音量を自動制御するシステムを試行導入する。

また、改札内には無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」を常設店として初めて設置。駅構内で営業するスターバックスでは、ブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」を設置するほか、日本航空と連携し、旅の魅力発信に関する実証実験を行う。

このほか、環境保全技術を導入した「エコステ」として、膜屋根採用による照明電力量の削減や太陽光パネル・風力発電機の設置など、環境にも配慮した設計としている。

高輪ゲートウェイ駅は、2020年春の開業を予定している。JR東日本ではあわせて、同駅の開業から同年9月上旬にかけて、「Takanawa Gateway Fest」の開催を発表。同駅前の特設会場にて、テクノロジーやアート、スポーツなど7つのカテゴリーのイベントを開催する。

2019年12月13日(金)18時17分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全530件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全150件

高輪ゲートウェイ駅で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全204件

鉄道コムおすすめ情報

画像

700系、20年の歩み

まもなく引退する東海道新幹線700系。1999年のデビューからの歴史を振り返ります。

画像

201系が引退へ

JR西日本が225系を追加製造。捻出した221系により、大和路線などの201系は順次引退。

画像

6月に渋谷駅ホーム移設

埼京線渋谷駅のホームが、6月に山手線ホーム横へ移設。切換工事での一部列車・区間運休も。

画像

武庫川線に新デザイン車両

阪神武庫川線に、5500系の改造車を投入。車両のデザインテーマは「野球」。

画像

松戸駅の改良工事

松戸駅の駅改良工事が今春着手。東西通路の拡幅、改札内コンコースの拡張など。南側では駅ビルの建設も。

画像

2月の鉄道イベント一覧

JRダイヤ改正まであと1か月。2月のプランニングには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 東海道新幹線700系営業運転終了[2020年3月8日(日)]
  • 常磐線Suica利用可能エリア拡大 [2020年3月14日(土)]
  • 常磐線全線直通特急運転再開[2020年3月14日(土)]
  • E261系営業運転開始[2020年3月14日(土)]
  • 新潟地区GV-E400系投入完了[2020年3月14日(土)]
  • 田町~品川間新駅暫定開業[2020年3月14日(土)]
  • 踊り子用E257系営業運転開始[2020年3月14日(土)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: