鉄道コム

東芝、台湾向け新型電気機関車68両を受注

2019年10月17日(木)14時43分

台湾の客車列車「キョ光号」
台湾の客車列車「キョ光号」

東芝インフラシステムズは17日、台湾鉄路管理局(TRA)向け電気機関車68両を受注したと発表した。

今回受注した車両は、旅客列車と貨物列車の双方をけん引できる電気機関車。主に台湾の主要都市を結ぶ特急客車列車のけん引に使用する予定としている。TRAでの新型電気機関車投入は1992年以来で、日本製の完成電気機関車の調達は今回が初めてだという。

台湾鉄路管理局では、優等客車列車として、日本の特急または急行に相当する「キョ光号」(きょこうごう)を運転。1975年以降に米国で製造されたE200型などがこれをけん引している。

TRAは2015年に発表した車両購入計画において、10年間で約1300両の新型車両を導入すると掲げている。日本の鉄道車両メーカーでは、2019年1月に日立製作所が都市間特急用車両約600両を受注しており、東芝の受注はこれに続くものとなる。

新型電気機関車の受注金額は、予備品などを含めて約400億円。同社の府中事業所で製造し、2022年から順次納入を開始する。東芝インフラシステムズは、台湾を鉄道事業の注力市場と位置付け、現地交通インフラの発展に貢献するとしている。

2019年10月17日(木)14時43分更新

鉄道コムお知らせ

画像

カメラアワード2023投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道未来インデックス

  • 東海道新幹線新型レール削正車導入[2023年1月]
  • 東急8500系営業運転終了[2023年1月]
  • いすみ鉄道キハ28形営業運転終了[2023年2月初旬]
  • 大竹駅橋上駅舎開業[2023年2月19日(日)]

鉄道コムおすすめ情報

画像

かつて走った京急の面白列車

種別を2回も変更、駅と駅との間での通過待ちも! かつて走った「D特」とは。

画像

「銀色のつばさ」復活

「つばさ」用のE3系1本が、デビュー時のシルバーカラーに塗装変更。2月11日に営業運転開始。

画像

東急8500系ついに引退

1月25日に8500系8637編成が廃車回送。約48年の東急8500系の活躍に終止符を打ちました。

画像

115系カラーコレクション

新潟支社115系の塗装解説・図面集。「JRE MALL」にて受注生産で販売。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2023年も、鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。