東芝、台湾向け新型電気機関車68両を受注

2019年10月17日(木)14時43分

台湾の客車列車「キョ光号」
台湾の客車列車「キョ光号」

東芝インフラシステムズは17日、台湾鉄路管理局(TRA)向け電気機関車68両を受注したと発表した。

今回受注した車両は、旅客列車と貨物列車の双方をけん引できる電気機関車。主に台湾の主要都市を結ぶ特急客車列車のけん引に使用する予定としている。TRAでの新型電気機関車投入は1992年以来で、日本製の完成電気機関車の調達は今回が初めてだという。

台湾鉄路管理局では、優等客車列車として、日本の特急または急行に相当する「キョ光号」(きょこうごう)を運転。1975年以降に米国で製造されたE200型などがこれをけん引している。

TRAは2015年に発表した車両購入計画において、10年間で約1300両の新型車両を導入すると掲げている。日本の鉄道車両メーカーでは、2019年1月に日立製作所が都市間特急用車両約600両を受注しており、東芝の受注はこれに続くものとなる。

新型電気機関車の受注金額は、予備品などを含めて約400億円。同社の府中事業所で製造し、2022年から順次納入を開始する。東芝インフラシステムズは、台湾を鉄道事業の注力市場と位置付け、現地交通インフラの発展に貢献するとしている。

2019年10月17日(木)14時43分更新

該当するブログ記事はありません

鉄道コムおすすめ情報

画像

夜行急行三峰

秩父鉄道の電気機関車と12系によるツアー列車。電気機関車を運転できるオプショナルツアーも。

画像

N700Sのチェックポイント

東海道新幹線の新型車両「N700S」がいよいよ7月にデビュー。N700系との比較ポイントなどを紹介します。

画像

ありがとう リゾートみのり

運転終了が延期となっていた「リゾートみのり」。ラストラン列車が8月8日~10日に運転。

画像

みんなの九州きっぷ

JR九州の新幹線や特急などが2日間乗り放題。北部九州版と全九州版の2種類で、7月1日から発売。

画像

「36ぷらす3」10月デビュー

JR九州のD&S列車「36ぷらす3」が10月15日に営業運転を開始。5日かけて九州を周遊。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 高松琴平電鉄琴平線三条~太田間複線化[2020年秋]
  • 有楽町線・副都心線17000系導入開始[2020年度下半期]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]
  • 台湾向け新型都市間特急車両納入開始[2021年以降]
  • 松島海岸駅リニューアル駅舎供用開始[2021年冬ごろ]
  • 九州新幹線EX予約導入[2022年春]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: