秋田内陸縦貫鉄道、新しい観光列車を導入

2019年9月12日(木)13時2分

観光列車(外観イメージ)
観光列車(外観イメージ)

秋田内陸縦貫鉄道は12日、新しい観光列車を導入すると発表した。

導入する観光列車は、既存のAN8905号1両を改造するもの。外観のカラーリングは、朱色やえんじ色などで一新するほか、全面的に改修する。

同社は今回、秋田内陸線の全線開業30周年企画の一環として、同列車の名称を募集することも発表。名称は、親しみやすさ、わかりやすさ、覚えやすさのほか、秋田内陸線の沿線の魅力を表現することなどを条件とし、インターネット、郵送、ファクスで受け付ける。募集期間は、2019年9月13日から10月31日まで。優秀作品を1件選出し、その名称を採用。同作品の応募者には、秋田内陸線全線が1年間休日乗り降り自由の乗車券を副賞として進呈する。全応募者対象のプレゼントも抽選で贈る。

決定した名称の発表時期は、2020年1月中旬。新しい観光列車は、同2月上旬に運行を始め、土曜・日曜に運転の「急行もりよし号」などで運用する。

2019年9月12日(木)13時2分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全15件

鉄道コムおすすめ情報

画像

京急ミュージアムが開館

1月21日、京急グループ本社に「京急ミュージアム」がオープン。デハ236号の展示、新1000形のシミュレーターなど。

画像

常磐線が3月に全線復旧

3月14日に常磐線が全線復旧。あわせて仙台発着の特急「ひたち」が3往復運転。

画像

京都鉄博に幕末維新号

11月に定期運転を終えた「志国高知 幕末維新号」が京都鉄道博物館に入線。展示期間は1月28日~3月1日。

画像

急行「花たび そうや」

5月から6月にかけて、宗谷本線でキハ40「山明号」「紫水号」による急行列車が運転。

画像

静鉄7色勢揃い

1月26日、静岡鉄道A3000形2編成のお披露目イベントを開催。同型式7編成の公開など。

画像

1月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年。1月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 京急ミュージアムオープン[2020年1月21日(火)]
  • 秋田内陸縦貫鉄道AN8905号リニューアル車両導入[2020年2月上旬]
  • 東海道新幹線700系営業運転終了[2020年3月8日(日)]
  • 常磐線Suica利用可能エリア拡大 [2020年3月14日(土)]
  • 常磐線全線直通特急運転再開[2020年3月14日(土)]
  • E261系営業運転開始[2020年3月14日(土)]
  • 新潟地区GV-E400系投入完了[2020年3月14日(土)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: