秋田内陸縦貫鉄道、新しい観光列車を導入

2019年9月12日(木)13時2分

懐かしの鉄道写真コンテスト 懐かしの鉄道写真コンテスト
観光列車(外観イメージ)
観光列車(外観イメージ)

秋田内陸縦貫鉄道は12日、新しい観光列車を導入すると発表した。

導入する観光列車は、既存のAN8905号1両を改造するもの。外観のカラーリングは、朱色やえんじ色などで一新するほか、全面的に改修する。

同社は今回、秋田内陸線の全線開業30周年企画の一環として、同列車の名称を募集することも発表。名称は、親しみやすさ、わかりやすさ、覚えやすさのほか、秋田内陸線の沿線の魅力を表現することなどを条件とし、インターネット、郵送、ファクスで受け付ける。募集期間は、2019年9月13日から10月31日まで。優秀作品を1件選出し、その名称を採用。同作品の応募者には、秋田内陸線全線が1年間休日乗り降り自由の乗車券を副賞として進呈する。全応募者対象のプレゼントも抽選で贈る。

決定した名称の発表時期は、2020年1月中旬。新しい観光列車は、同2月上旬に運行を始め、土曜・日曜に運転の「急行もりよし号」などで運用する。

2019年9月12日(木)13時2分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全12件

鉄道コムおすすめ情報

画像

「懐かしの鉄道写真展」開幕

朝日新聞東京本社で「懐かしの鉄道写真展」が開催。開催期間は9月14日~27日。10月には大阪本社でも。

画像

七尾線に521系

2020年秋ごろより、七尾線に521系を導入。翌年からはICOCAサービスの導入も。

画像

上信150形引退

9月23日に上信電鉄150形のクモハ153・154号が営業運転を終了。同社最後の150形が引退へ。

画像

「エアポート」に特別快速

2020年春に快速「エアポート」が毎時1本増発へ。うち朝夕の計4本は特別快速として運転。

画像

旧型客車をリニューアル

2020年4月、高崎エリアを走るSL列車の旧型客車がリニューアル。現行の内装での運行は10月28日まで。

画像

9月の鉄道イベント一覧

季節は秋へ。9月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 鉄道各社運賃改定[2019年10月1日(火)]
  • 梅田駅など駅名変更[2019年10月1日(火)]
  • 沖縄都市モノレール首里~てだこ浦西間延伸開業[2019年10月1日(火)]
  • 京阪八幡市駅・深草駅など駅名変更[2019年10月1日(火)]
  • 京阪八幡市駅・深草駅駅名変更[2019年10月1日(火)]
  • 南町田駅駅名改称[2019年10月1日(火)]
  • 東海道新幹線浜松工場リニューアル竣工[2019年]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: