JR西、京阪神地区の電車にモニタ状態監視装置を導入

2019年8月13日(火)12時8分

モニタ状態監視装置の概要
モニタ状態監視装置の概要

JR西日本は9日、京阪神地区の在来線電車を対象に、「モニタ状態監視装置」を導入すると発表した。

この装置は、運転台計器盤や車両モニタ画面の表示、車両位置や機器の稼働状況などを、指令所にリアルタイムで送信できるもの。車両不具合の発生時において、指令員が車両状態をリアルタイムに把握できるようになる。

現在、車両の不具合が発生した場合には、乗務員と指令の間では無線や電話などで情報をやりとりしており、車両状態の正確な伝達には時間を要している。今回のシステムの導入により、より早く正確な情報収集・伝達が可能となることで、輸送障害の復旧にかける時間の短縮につなげる。また、本装置に加え、2017年に導入を発表した「車両状態監視装置」の情報を組み合わせることで、車両状態に応じて実施する予防保全(CBM)の実現も目指す。

モニタ状態監視装置は、京阪神地区で運用する在来線電車のうち、1991年以降に製造された約610編成を対象に設置。2020年度から順次運用を開始し、2024年度に搭載完了を予定する。

2019年8月13日(火)12時8分更新

該当するブログ記事はありません

鉄道コムおすすめ情報

画像

赤い電車が新宿に

箱根登山鉄道線全線再開を記念して、小田急電鉄の「赤い1000形」が、小田急線全線で運転。

画像

飯田橋駅新ホーム

工事が続いていたJR飯田橋駅。7月12日に新ホームと西口新駅舎が供用を始めました。変化した点などを紹介します。

画像

新幹線の「特大荷物」持ち込み

5月から「特大荷物」の持ち込みが事前予約制となった東海道新幹線。夏休みシーズン前に、ルールをおさらいしましょう。

画像

「etSETOra」10月デビュー

広島エリアを走る新たな観光列車「etSETOra」(エトセトラ)が、10月3日に営業運転を開始。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 瀬戸内エリア新観光列車導入[2020年10月3日(土)]
  • JR九州36ぷらす3運転開始[2020年10月15日(木)]
  • 東武東上線新駅開業[2020年10月31日(土)]
  • JR北海道「はまなす」編成運用開始 [2020年10月頃]
  • キハ261系5000代運転開始[2020年10月頃]
  • JR北海道キハ40形塗装復刻車両運転開始[2020年秋]
  • 七尾線521系導入開始[2020年秋]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: