総合車両製作所、フィリピン向け鉄道車両104両を受注

2019年7月17日(水)10時38分

懐かしの鉄道写真コンテスト 懐かしの鉄道写真コンテスト
納入する車両(イメージ)
納入する車両(イメージ)

住友商事と総合車両製作所は16日、フィリピン共和国運輸省から鉄道車両104両の納入を受注したと発表した。

住友商事と総合車両製作所は、マニラ市ツツバン~ブラカン州マロロス間の約38キロを結ぶ、南北通勤鉄道事業フェーズ1向けの車両納入プロジェクトとして、車両納入パッケージ「CP03」を受注。鉄道車両のほか、運転シミュレーターの納入や従業員トレーニングなどを手掛ける。

車両は、総合車両製作所のステンレス車ブランド「sustina」のものを提供。8両編成13本を製造し、2023年2月に全車両を納入する。

今回のプロジェクトの契約金額は、約250億円。総合車両製作所は、「sustina」ブランドの車両を提供することで、フィリピンの交通渋滞の緩和や地域の発展に寄与するとしている。

2019年7月17日(水)10時38分更新

鉄道コム20周年記念

画像

フォトコンテスト開催中!

「私が思う懐かしい鉄道」をテーマに写真を募集中。入賞者にはソニーポイントなどの賞品も。

鉄道コムおすすめ情報

画像

叡電×きらら展コラボ

叡山電鉄が「まんがタイムきらら展」とのコラボ企画を開始。ラッピング車両の運転、コラボきっぷの発売など。

画像

GV-E400系デビュー

8月19日、電気式気動車「GV-E400系」が営業運転を開始。運転区間は、新津~馬下・新発田間など。

画像

107号のカフェがオープン

箱根登山鉄道モハ1形107号を使用した「えれんなごっそCAFE107」が、9月8日にオープン。

画像

8月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番。夏の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

懐かしの鉄道写真コンテスト

鉄道未来インデックス

  • 鉄道各社運賃改定[2019年10月1日(火)]
  • 沖縄都市モノレール首里~てだこ浦西間延伸開業[2019年10月1日(火)]
  • 京阪八幡市駅・深草駅駅名変更[2019年10月1日(火)]
  • 南町田駅駅名改称[2019年10月1日(火)]
  • 相鉄・JR直通線開業[2019年11月30日(土)]
  • 新京成電鉄80000形営業運転開始[2019年冬]
  • 近鉄22000系、30000系などカラーリング変更完了[2019年度]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: