総合車両製作所、フィリピン向け鉄道車両104両を受注

2019年7月17日(水)10時38分

納入する車両(イメージ)
納入する車両(イメージ)

住友商事と総合車両製作所は16日、フィリピン共和国運輸省から鉄道車両104両の納入を受注したと発表した。

住友商事と総合車両製作所は、マニラ市ツツバン~ブラカン州マロロス間の約38キロを結ぶ、南北通勤鉄道事業フェーズ1向けの車両納入プロジェクトとして、車両納入パッケージ「CP03」を受注。鉄道車両のほか、運転シミュレーターの納入や従業員トレーニングなどを手掛ける。

車両は、総合車両製作所のステンレス車ブランド「sustina」のものを提供。8両編成13本を製造し、2023年2月に全車両を納入する。

今回のプロジェクトの契約金額は、約250億円。総合車両製作所は、「sustina」ブランドの車両を提供することで、フィリピンの交通渋滞の緩和や地域の発展に寄与するとしている。

2019年7月17日(水)10時38分更新

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「駅弁」に一票を

牛肉どまん中、花咲かにめし、いかめし、菜の花弁当、鯛めし、雪だるま弁当…

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線新駅名発表

九州新幹線西九州ルートに設置される新駅2駅の駅名が発表。両駅とも仮称を正式採用。

画像

賀正HM先行装着

12月4日~6日、大井川鉄道のSLかわね路号が、賀正ヘッドマークと日章旗を先行装着し運転。

画像

Classic8000編成変更

阪急神戸線の「Classic8000」装飾編成が、8000編成から8002編成に変更。11月27日運転開始。

画像

SLもおか重連運転

12月20日、真岡鉄道がSL・DLの重連・プッシュプル運転を実施。

画像

E257系の特急「湘南」

2021年春、「湘南ライナー」などに代わり、特急「湘南」が東海道線で運転を開始。

画像

11月の鉄道イベント一覧

季節はもうすぐ冬。11月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 区界駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 山田線川内駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 東海道新幹線新型トロリ線摩耗検知システム導入開始[2021年2月ごろ]
  • 茂市駅新駅舎供用開始[2021年2月下旬]
  • JR東日本時差通勤・複数回利用ポイント還元サービス開始[2021年春]
  • 北大阪急行千里中央~新箕面間開業[2020年度]
  • JRグループダイヤ改正[2021年春]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: