スマホの画面が定期券代わりに、JR東が一部路線で実験

2019年7月10日(水)16時30分

スマホ定期券の画面イメージ
スマホ定期券の画面イメージ

JR東日本は10日、ウェルネットと共同で、「スマホ定期券」のサービスを実験的に実施すると発表した。

スマホ定期券は、ウェルネットが提供するスマホアプリ「バスもり!」を活用するサービス。スマートフォンの画面に定期券を表示し、列車に乗車できる。静止画や動画による複製を防止する機能を搭載するほか、券面への顔写真表示、有効期間前後の券面表示制限などにより、不正利用の防止に対応する。

スマホ定期券では、スマホ上で定期券を購入できるため、従来のように駅窓口に出向く必要がなくなる。代金の決済は、クレジットカードのほか、コンビニや金融機関のATMなどに対応。また、通学定期券の購入時にはこれまで通学証明書の提示が必要だったが、学校と連携することで、この資格確認を省略することができる。

JR東日本ではモバイルSuicaを活用し、駅窓口へ出向かずに定期券が購入できるサービスを展開している。一方で、Suica未導入エリアでは駅窓口での購入が必須となっており、さらにSuica導入エリアにおいても、通学定期券の購入時には窓口へ出向く必要があった。

スマホ定期券は、9月1日から2020年3月31日まで実験的に実施。水郡線や上越線、小海線など、Suica未導入の9路線の一部区間にて、高校生用の通学定期券を対象に実施する。

2019年7月10日(水)16時30分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全2件

該当するブログ記事はありません

鉄道コムおすすめ情報

画像

新ひろしま1デイきっぷ

広島エリアのJRが1日乗り放題の企画乗車券。6月末までの土休日に利用可

画像

L/Cシート搭載の京急1000形

京急で始めて「L/C座席」を採用した新1000形20次車。車内を中心にご紹介します。

画像

京王9000系周年HM掲出へ

京王9000系のデビュー20周年を記念して、4月26日からヘッドマークを掲出。記念乗車券の発売も

画像

えきねっとリニューアル

JR東日本が、6月27日に「えきねっと」をリニューアル。UI一新のほか、QRコードでのきっぷ受取が可能に。

画像

新駅名が決定

札沼線あいの里公園~石狩太美間に設置される新駅の駅名が「ロイズタウン」駅に決定

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 日高本線鵡川~様似間廃止[2021年4月1日(木)]
  • アーバンライナー貨客混載事業開始[2021年夏]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年夏ごろ]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]
  • JR西日本ICOCAエリア普通回数乗車券発売終了[2021年9月30日(木)]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • 新幹線E4系運転終了[2021年秋ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: