スマホの画面が定期券代わりに、JR東が一部路線で実験

2019年7月10日(水)16時30分

スマホ定期券の画面イメージ
スマホ定期券の画面イメージ

JR東日本は10日、ウェルネットと共同で、「スマホ定期券」のサービスを実験的に実施すると発表した。

スマホ定期券は、ウェルネットが提供するスマホアプリ「バスもり!」を活用するサービス。スマートフォンの画面に定期券を表示し、列車に乗車できる。静止画や動画による複製を防止する機能を搭載するほか、券面への顔写真表示、有効期間前後の券面表示制限などにより、不正利用の防止に対応する。

スマホ定期券では、スマホ上で定期券を購入できるため、従来のように駅窓口に出向く必要がなくなる。代金の決済は、クレジットカードのほか、コンビニや金融機関のATMなどに対応。また、通学定期券の購入時にはこれまで通学証明書の提示が必要だったが、学校と連携することで、この資格確認を省略することができる。

JR東日本ではモバイルSuicaを活用し、駅窓口へ出向かずに定期券が購入できるサービスを展開している。一方で、Suica未導入エリアでは駅窓口での購入が必須となっており、さらにSuica導入エリアにおいても、通学定期券の購入時には窓口へ出向く必要があった。

スマホ定期券は、9月1日から2020年3月31日まで実験的に実施。水郡線や上越線、小海線など、Suica未導入の9路線の一部区間にて、高校生用の通学定期券を対象に実施する。

2019年7月10日(水)16時30分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全2件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全2件

鉄道コムおすすめツアー

画像

「華」で大垣夜行ツアー

485系お座敷列車「華」の夜行列車で、東京から大垣へ。ツアーの詳細はこちらから。

画像

「鮮魚列車」貸切ツアー

近鉄2680系「鮮魚列車」のツアー。上本町発・名古屋発の2コースが設定。明星車庫での撮影会も。

鉄道コムおすすめ情報

画像

瀬戸内に新たな観光列車

「瀬戸内マリンビュー」を改造した新たな観光列車が、2020年秋に瀬戸内エリアに登場。

画像

相鉄・JR直通線の運行概要発表

11月30日開業の相鉄・JR直通線運行概要が発表。 新宿~二俣川間は最速44分で運転。

画像

N700系の屋外展示

7月17日、「リニア・鉄道館」の屋外展示にN700系X0編成が登場。車内での飲食もOK。

画像

クモハ103の営業最終日

伊豆急行100系のクモハ103号車が、7月7日にラストラン。これまでの歴史と最終日の模様をご紹介します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • 鉄道各社運賃改定[2019年10月1日(火)]
  • 沖縄都市モノレール首里~てだこ浦西間延伸開業[2019年10月1日(火)]
  • 京阪八幡市駅・深草駅駅名変更[2019年10月1日(火)]
  • 上野動物園モノレール休止[2019年11月1日(金)]
  • 相鉄・JR直通線開業[2019年11月30日(土)]
  • 宇都宮ライトレール開業[2019年12月]
  • 新京成電鉄80000形営業運転開始[2019年冬]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: