ファイターズ本拠地移転にあわせて北広島駅を改修、JR北

2019年6月12日(水)15時23分

改修工事イメージ
改修工事イメージ

JR北海道は12日、北広島駅改修計画の詳細について発表した。

北広島駅の改修は、北海道日本ハムファイターズの新本拠地となる球場を含む「北海道ボールパーク(仮称)」の開業に対応するもの。ボールパークへのアクセスには1試合あたり1万3500人が鉄道を利用する想定で、この利用客による混雑に対応すべく、ボールパーク最寄り駅となる北広島駅を改修する。

駅舎では、自動改札機を移設・増設。駅レイアウトの変更とあわせ、改札付近の混雑緩和を図る。ホームについては、札幌方面のりばとなる下りホームを千歳方面へ88メートル延伸。快速「エアポート」と普通列車の停車位置をずらすことで、ホーム上の混雑を緩和する。さらに、ホームと駅舎をつなぐエスカレーターを同一方向運転とすることで、試合開始前のホームから駅舎への移動、試合終了後の駅舎からホームへの移動を円滑にする。

同社は今後の調整事項として、ボールパーク~北広島駅間のピストン輸送バスの運行、利用客の滞留スペース確保、エレベーター改札口の新設などを目指すとした。また、ボールパーク隣接地への新駅建設の要望を北広島市から受けていることに対し、設備や工事費、地形などの調査を実施する。

北広島駅改修工事によって新設する設備の使用開始予定は、2023年2月。改修費用は約9億円を見込み、JR北海道が全額自己資金で負担する。

2019年6月12日(水)15時23分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全12件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全7件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「路面電車」に一票を

広島電鉄、鹿児島市電、とさでん交通、嵐電、富山地方鉄道、東急世田谷線…

鉄道コムおすすめ情報

画像

車両数日本一のE233系

209系やE231系に続く、JR東日本第3世代として登場したE233系。その設計思想や来歴をご紹介。

画像

新宿駅自由通路

7月19日、新宿駅の東西自由通路が供用開始。あわせて一部改札口の名称を変更。

画像

夏の北海道、懐かしの車両

フラノエクスプレス、C62ニセコ号、711系マリンライナー……平成2年夏、北海道では多彩な車両が走っていました。

画像

懐かしの特急 記念乗車券

えちごトキめき鉄道が「なつかしの特別急行列車シリーズ」として記念乗車券セットを発売。6月1日、予約受付を開始。

画像

東日本の少数派車両たち

さまざまな理由で少数のみが製造された車両たち。北海道・東日本エリアで活躍している車両をご紹介します。

画像

6月の鉄道イベント一覧

今年も梅雨のシーズンがやってきました。6月の鉄道の動きを知るなら、鉄道コムのイベント情報。

鉄道未来インデックス

  • 高松琴平電鉄琴平線三条~太田間複線化[2020年秋]
  • 有楽町線・副都心線17000系導入開始[2020年度下半期]
  • 台湾向け新型都市間特急車両納入開始[2021年以降]
  • 台湾向け新型電気機関車納入開始[2022年]
  • 北広島駅改修工事設備供用開始[2023年2月]
  • 武蔵小杉駅横須賀線下り新ホーム供用開始[2022年度末]
  • 九州新幹線武雄温泉~長崎間開業[2022年度]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: