燃料電池ハイブリッドシステム車両を新造へ、JR東

2019年6月4日(火)17時25分

FV-E991系(イメージ)
FV-E991系(イメージ)

JR東日本は4日、燃料電池を使ったハイブリッド車両の試験車両を新造し、実証試験を行うと発表した。

新造するハイブリッド車両は、水素を燃料とする燃料電池と、蓄電池を電源とするハイブリッドシステムを搭載したもので、試験車両として導入。形式名は「FV-E991系」とし、2両編成1本を新製する。搭載する燃料電池は、最大700気圧(70MPa)の高圧水素を蓄える水素タンクを使用。同燃料電池と主回路用の蓄電池の両方からモーターや補助電源装置に電力を供給する仕掛けを採用し、環境負荷の低減、走行距離の長距離化などを図るとしている。700気圧の高圧水素を利用した燃料電池鉄道車両は世界初という。1回の充填での航続距離は、最大で約140キロを想定している。

FV-E991系の落成時期は、2021年度内の予定。同年度中に実証試験を開始できるよう神奈川県、横浜市、川崎市と調整し、鶴見線、南武線の尻手~武蔵中原・浜川崎間で試験を行う。同社では今回の実証試験にあたり、JR貨物、昭和電工との間で同試験の設備整備に関する基本合意を2019年6月3日に締結。また、トヨタ自動車からは、燃料電池自動車の開発で培った知見に基づく協力を受けるとしている。

2019年6月4日(火)17時25分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全11件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全22件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「九州の路線」に一票を

鹿児島本線、久大本線、肥薩線、吉都線、篠栗線、平成筑豊鉄道、南阿蘇鉄道…

鉄道コムおすすめ情報

画像

ニコン新型カメラで鉄道撮影

ニコンの新型ミラーレスカメラ「Z 5」。鉄道写真撮影の実力は?

画像

のぞみ12本ダイヤ

8月7日から始まった「のぞみ12本ダイヤ」。今このタイミングで実施する狙いとは?

画像

SL大樹「ふたら」

東武鉄道のSL列車が、10月から下今市~東武日光間でも運転。列車名は「SL大樹『ふたら』」。

画像

夜のSL撮影会

真岡鐡道が、8月22日・29日に、事前応募制の蒸気機関車夜間撮影会を開催。

画像

8月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番。夏の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 東武鉄道C11形325号機営業運転開始 [2020年12月]
  • 松島海岸駅リニューアル駅舎供用開始[2021年冬ごろ]
  • 東武鉄道C11形動態復元[2021年冬]
  • 九州新幹線EX予約導入[2022年春]
  • 大和西大寺駅リニューアル工事完成[2021年度]
  • 山陽本線藤生~徳山間ICOCAエリア拡大[2022年春]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: