燃料電池ハイブリッドシステム車両を新造へ、JR東

2019年6月4日(火)17時25分

FV-E991系(イメージ)
FV-E991系(イメージ)

JR東日本は4日、燃料電池を使ったハイブリッド車両の試験車両を新造し、実証試験を行うと発表した。

新造するハイブリッド車両は、水素を燃料とする燃料電池と、蓄電池を電源とするハイブリッドシステムを搭載したもので、試験車両として導入。形式名は「FV-E991系」とし、2両編成1本を新製する。搭載する燃料電池は、最大700気圧(70MPa)の高圧水素を蓄える水素タンクを使用。同燃料電池と主回路用の蓄電池の両方からモーターや補助電源装置に電力を供給する仕掛けを採用し、環境負荷の低減、走行距離の長距離化などを図るとしている。700気圧の高圧水素を利用した燃料電池鉄道車両は世界初という。1回の充填での航続距離は、最大で約140キロを想定している。

FV-E991系の落成時期は、2021年度内の予定。同年度中に実証試験を開始できるよう神奈川県、横浜市、川崎市と調整し、鶴見線、南武線の尻手~武蔵中原・浜川崎間で試験を行う。同社では今回の実証試験にあたり、JR貨物、昭和電工との間で同試験の設備整備に関する基本合意を2019年6月3日に締結。また、トヨタ自動車からは、燃料電池自動車の開発で培った知見に基づく協力を受けるとしている。

2019年6月4日(火)17時25分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全11件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全12件

鉄道コムお知らせ

画像

20周年貸切列車企画発表!

485系お座敷列車「華」の夜行列車で、東京から大垣へ。ツアーの詳細はこちらから。

鉄道コムおすすめ情報

画像

G20サミット開催の影響は?

大阪で開催されるG20サミット。警備強化のため、さまざまな対策が進められています。

画像

近鉄の新型軌道検測装置

近鉄が新型軌道検測装置を導入。営業列車として運行中に、線路のゆがみなどを検測可能に。

画像

14系夜行列車の旅

クラブツーリズムが、東武鉄道のDE10+14系4両によるDL夜行列車乗車ツアーを7月24日に開催。

画像

はるかに新型車両

関空特急「はるか」に、増結用として新型車両271系を導入。はるか全列車の9両編成化が可能に。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨でもイベント続々!6月の計画を立てるなら、鉄道コムのイベント情報!

鉄道未来インデックス

  • 松島海岸駅リニューアル駅舎供用開始[2021年冬ごろ]
  • 燃料電池ハイブリッドシステム車両落成[2021年度]
  • 地下鉄烏丸線新型車両導入[2021年度]
  • 宇都宮ライトレール開業[2022年]
  • 松島海岸駅整備工事完了[2022年春ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: