土讃線の新「ものがたり列車」車内デザインなどを発表、JR四国

2019年5月27日(月)16時43分

内装イメージ
内装イメージ

JR四国は27日、土讃線で運行予定の「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」について、車内デザインなどを発表した。

「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」は、同社の「ものがたり列車」シリーズの3列車目にあたる観光列車。キハ185系2両を対象に、「文明開化ロマンティシズム」をテーマにした内装に一新する。同テーマは、蒸気機関やロケットエンジンを表現し、明治期の装飾表現と融合したインテリアを使用。照明ポール、可変式テーブルの支柱は、機械配管を想起させるデザインとする。また、車両名称として、1号車に「KUROFUNE」、2号車に「SORAFUNE」をあてたうえ、1号車には蒸気船、19世紀末芸術など、2号車には宇宙船、宇宙空間などをそれぞれモチーフにしたデザインを採り入れる。車内設備では、窓向き、対面式の転換が可能な可変式テーブルを各車両に配備するほか、1号車には「高知家の団らんシート」、ガイドスタッフエリアなど、2号車にサービスカウンター、多目的トイレなどを設置する。ガイドの様子、列車の先頭展望をライブカメラを通じて各車両で流す設備も設ける。定員は、1号車が28席、2号車が19席の計47席。

志国土佐 時代の夜明けのものがたりは、2020年春に運行開始予定。土讃線高知~窪川間で運転し、列車名として下りの窪川行きは「立志の抄」、上りの高知行きは「開花の抄」を設定する。ダイヤ、車内で提供するメニュー等の詳細は、決まり次第順次発表するとしている。

2019年5月27日(月)16時43分更新

関連する過去の鉄道未来ニュース

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1件

鉄道コムお知らせ

画像

台湾ぐるっと鉄道旅ツアー

「普快車」「自強号」「キョ光号」などで台湾を周遊する、鉄道ファン向けツアーが開催。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い秘境駅に一票を

小和田駅、アプトいちしろ駅、古虎渓駅、もたて山駅、内名駅、宗太郎駅…

鉄道コムおすすめ情報

画像

京急800形、引退前記念列車

京急の特別貸切列車「ありがとう800形」が品川~久里浜工場間で運転。車両基地でのイベントの様子も。

画像

東京おもちゃショー

6月15日と16日、東京ビッグサイトで「東京おもちゃショー」のパブリックデーが開催。

画像

相鉄でインバウンド企画

相鉄で外国人向けの職業体験会が開催。横浜駅で開催された駅係員編をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨でもイベント続々!6月の計画を立てるなら、鉄道コムのイベント情報!

鉄道未来インデックス

  • 沖縄都市モノレール首里~てだこ浦西間延伸開業[2019年10月1日(火)]
  • 京阪八幡市駅・深草駅駅名変更[2019年10月1日(火)]
  • 上野動物園モノレール休止[2019年11月1日(金)]
  • 相鉄・JR直通線開業[2019年11月30日(土)]
  • 宇都宮ライトレール開業[2019年12月]
  • 新京成電鉄80000形営業運転開始[2019年冬]
  • 近鉄22000系、30000系などカラーリング変更完了[2019年度]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: