鉄道コム

土讃線の新「ものがたり列車」車内デザインなどを発表、JR四国

2019年5月27日(月)16時43分

内装イメージ
内装イメージ

JR四国は27日、土讃線で運行予定の「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」について、車内デザインなどを発表した。

「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」は、同社の「ものがたり列車」シリーズの3列車目にあたる観光列車。キハ185系2両を対象に、「文明開化ロマンティシズム」をテーマにした内装に一新する。同テーマは、蒸気機関やロケットエンジンを表現し、明治期の装飾表現と融合したインテリアを使用。照明ポール、可変式テーブルの支柱は、機械配管を想起させるデザインとする。また、車両名称として、1号車に「KUROFUNE」、2号車に「SORAFUNE」をあてたうえ、1号車には蒸気船、19世紀末芸術など、2号車には宇宙船、宇宙空間などをそれぞれモチーフにしたデザインを採り入れる。車内設備では、窓向き、対面式の転換が可能な可変式テーブルを各車両に配備するほか、1号車には「高知家の団らんシート」、ガイドスタッフエリアなど、2号車にサービスカウンター、多目的トイレなどを設置する。ガイドの様子、列車の先頭展望をライブカメラを通じて各車両で流す設備も設ける。定員は、1号車が28席、2号車が19席の計47席。

志国土佐 時代の夜明けのものがたりは、2020年春に運行開始予定。土讃線高知~窪川間で運転し、列車名として下りの窪川行きは「立志の抄」、上りの高知行きは「開花の抄」を設定する。ダイヤ、車内で提供するメニュー等の詳細は、決まり次第順次発表するとしている。

2019年5月27日(月)16時43分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全67件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全245件

  • 四国の乗り鉄旅の2日目はここ宇和島駅からスタート。素晴らしい青空の五月晴れまだ4月やけどなw今回はクレメントが取れなかったので寝過ごさず駅に向かう過去2・3回寝過ごしホテルの窓からホームで待機中のしま...

  • 「四国まんなか千年ものがたり」は、2022年4月1日で、運転開始5周年を迎えました。この5周年の記念日に、琴平駅までお手振りに行きました。3月下旬に、「そらの郷紀行」に乗ってきました。【1】4月1日に5...

  • 今回は、宇和島駅の「おむすび弁当」の話。【1】みま米おむすび弁当を限定販売4 月 2日(土)から 5 月 29 日(日)までの土曜日曜(連休中は除く)に、宇和島駅では「おむすび弁当」が売られていると発表されてい...

鉄道コムおすすめ情報

画像

「いぶたま」門司港へ

観光キャンペーンの一環で、D&S列車「指宿のたまて箱」が、博多~門司港間に登場。

画像

臨時急行「津軽」運転

今年も臨時急行「津軽」が登場。秋田~青森間で7月2日・3日に運転。

画像

24年ぶりの新型車

近鉄が、24年ぶりとなる新型一般車両を導入。2024年秋に奈良線などへ投入。

画像

8両編成の理由は?

JR東海では異例となる、8両固定編成で登場した315系。その理由とは?

画像

大きく変わる浜松町駅

JR東日本などが、浜松町駅周辺の整備事業計画イメージ図を公開。2026年度には吹き抜けの広場が。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: