JR東、車内アテンダント業務を新会社に移管

2019年5月9日(木)14時58分

JR東日本は8日、車内アテンダント業務や車内販売業務などを、新会社「JR東日本サービスクリエーション」に移管すると発表した。

昨今、旅客のニーズ多様化や駅構内店舗の充実など、車内サービスを取り巻く環境は大きく変化している。JR東日本は、今後も魅力的な移動空間を提供するために、新たな観点でのサービス創造が不可欠だとし、スピード感をもって課題に取り組むために新会社を設立した。

新会社では当初、新幹線のグランクラスや在来線普通列車グリーン車でのアテンダント業務、新幹線・在来線特急列車の車内販売業務、旅客への案内業務などを担う。また、「移動空間の価値向上」を目指し、利用者のニーズを活用したサービスの提供や、オンデマンド型車内販売サービスの実施、社外向けのマナー研修事業への進出も目指す。

新会社は、JR東日本の子会社である日本レストランエンタプライズが、4月1日に子会社として設立。7月1日に事業を開始する。JR東日本は新会社の事業開始により、車内サービスをトータルに提供する体制を実現するほか、移動空間の価値向上に向け、強力かつスピーディーに施策を推進するとしている。

2019年5月9日(木)14時58分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全4件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全6件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い短小路線に一票を

上田電鉄別所線、東急多摩川線、西武豊島線、赤羽線、流鉄流山線、江ノ島電鉄線…

鉄道コムおすすめ情報

画像

姪浜駅キロポストの謎

姪浜駅には、実際のキロ数とは異なる表記のキロポストが。その理由とは?

画像

サンナナさよならイベント

営業運転を終えた箱根登山鉄道103-107編成が、20日に最後の展示イベント。

画像

しな鉄鉄道フェスタ

7月20日・21日、軽井沢駅にて「鉄道フェスタin軽井沢」が開催。信越エリアの鉄道事業者によるグッズ販売など。

画像

瀬戸内に新たな観光列車

「瀬戸内マリンビュー」を改造した新たな観光列車が、2020年秋に瀬戸内エリアに登場。

画像

相鉄・JR直通線の運行概要発表

11月30日開業の相鉄・JR直通線運行概要が発表。 新宿~二俣川間は最速44分で運転。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • 伊豆急100系引退[2019年7月7日(日)]
  • 箱根登山鉄道100形103-107編成引退[2019年7月19日(金)]
  • 鉄道各社運賃改定[2019年10月1日(火)]
  • 京阪八幡市駅・深草駅など駅名変更[2019年10月1日(火)]
  • 東海道新幹線浜松工場リニューアル竣工[2019年]
  • 新潟・庄内エリア向け観光列車導入[2019年10月5日(土)]
  • 上野動物園モノレール休止[2019年11月1日(金)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: