新京成が新型「80000形」を導入、14年ぶり新形式

2019年4月11日(木)15時57分

新京成80000形(イメージ)
新京成80000形(イメージ)

新京成電鉄は11日、新型車両「80000形」を導入すると発表した。

80000形は、2005年に導入したN800形以来、14年ぶりとなる新型車両。京成電鉄と共同開発した車両となっている。

車体外観のデザインは、質実さ、実用本位を基本としつつ、丸みを帯びた形状とする。カラーリングは同社標準の「ジェントルピンク」を採用するが、新たに車両上部にもラインを配置。高架区間走行時もコーポレートカラーを視認できるようにする。

車内では、背もたれが高いハイバック式の座席を採用する。車内案内表示器は17インチサイズ2画面を採用。一部の案内表示器横には防犯カメラを設置する。また、プラズマクラスターイオン発生装置の導入や空調制御ソフトの見直しにより、車内環境を改善する。

機器類については、SiC素子を採用したVVVFインバータ制御装置を搭載。N800形よりも消費電力を約19%削減する。行先表示器は大型化し、視認性の向上を図るほか、ナンバリング表示を追加する。放送装置については、曲線の多い同社線の条件を考慮し、騒音に追従して音量を調整できるものを搭載する。

80000形の営業運転開始は、2019年冬の予定。なお、共同開発した京成電鉄が導入する新型車両「3100形」は、2019年秋に営業運転を開始する。

2019年4月11日(木)15時57分更新

関連する過去の鉄道未来ニュース

  • ***************、**********

    • 2019年4月11日(木)

    (この記事は鉄道コム有料会員になるとご覧になれます)

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全127件

新京成 80000形で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全17件

鉄道コムお知らせ

画像

「電車の顔図鑑」シリーズのTシャツはいかが?

精細な鉄道車両のイラスト入りTシャツはいかがでしょうか。寝台客車の星マーク入りTシャツも。

鉄道コムおすすめ情報

画像

大宮 鉄道ふれあいフェア

5月25日、大宮総合車両センターなどで開催。展示車両は、EF81-139、EF65、カヤ27など。

画像

天賞堂が移転開業

鉄道模型の老舗、天賞堂の銀座本店が移転開業。気になる店内は?

画像

改元関連イベント続々

平成から令和へ。改元を記念したきっぷ、列車などの情報が各社から続々と発表。リリース一覧でご覧ください。

画像

Laviewが新宿線へ

西武の新型特急「Laview」が、ゴールデンウィーク期間中に新宿線で運転。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ平成最後の月。4月の計画を立てるなら、鉄道コムのイベント情報!

鉄道未来インデックス

  • 常磐線Jヴィレッジ駅開業[2019年4月20日(土)]
  • 相鉄12000系営業運転開始[2019年春]
  • 箱根登山鉄道100形103-107編成引退[2019年7月]
  • 伊豆急100系引退[2019年7月]
  • 京急空港線加算運賃引き下げ[2019年10月]
  • 新潟・庄内エリア向け観光列車導入[2019年10月]
  • 東海道新幹線浜松工場リニューアル竣工[2019年]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: