京急、空港線の加算運賃を引下げへ

2019年2月19日(火)18時6分

空港線の列車
空港線の列車

京浜急行電鉄は19日、空港線の一部区間で適用している加算運賃を引き下げると発表した。

空港線の加算運賃は、同線の延伸や輸送力増強にかかる工費、設備投資額等に充てるため、天空橋~羽田空港国内線ターミナル間と他の区間をまたがって乗車する場合に、基本運賃に加えて適用されるもの。同社は、加算運賃収入による設備投資額等の回収が進んだため、今回の引き下げを決定した。あわせて、羽田空港国内線ターミナル・羽田空港国際線ターミナル~穴守稲荷・大鳥居・糀谷・京急蒲田間の各駅相互間で設定している特定運賃を廃止する。

改定後の加算運賃は、現行の170円から120円引き下げて50円とするほか、大人1か月の通勤定期券で4390円、同通学定期券で1430円をそれぞれ引き下げる。引き下げに伴い、羽田空港国内線ターミナル駅からのICカード利用時の普通運賃は、泉岳寺駅までが現行448円から328円に、横浜駅までが現行478円から358円となる。特定運賃の廃止対象区間では、現行の20~30円の割り引きがなくなることで、引き下げ額が変わり、羽田空港国内線ターミナル~京急蒲田間が現行335円から245円となる。

加算運賃引き下げの実施日は、2019年10月1日(火)。同日に予定されている消費税率引き上げに伴う運賃改定については、変更認可申請を今後行うとしている。

2019年2月19日(火)18時6分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全21件

鉄道コムおすすめ情報

画像

リニア鉄道館にN700系

7月17日より量産先行試作車を屋外に展示。117系やクロ381は移設または展示終了へ。

画像

函館~札幌間を時速320キロへ

JR北海道が、北海道新幹線の新函館北斗~札幌間の最高時速を320キロとする工事の実施を要請。

画像

都電 路面電車の日

東京都交通局が6月9日、荒川電車営業所で路面電車の日の記念イベントを開催。6000形6086号車の展示も。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい5月。新しい元号でも、鉄道コムのイベント情報をお役立てください。

鉄道未来インデックス

  • JR東日本サービスクリエーション事業開始[2019年7月]
  • 箱根登山鉄道100形103-107編成引退[2019年7月]
  • 伊豆急100系引退[2019年7月]
  • JR北海道運賃引き上げ[2019年10月1日(火)]
  • 京急空港線加算運賃引き下げ[2019年10月]
  • 新潟・庄内エリア向け観光列車導入[2019年10月]
  • 東海道新幹線浜松工場リニューアル竣工[2019年]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: