「ひだ」「南紀」用ハイブリッド特急車のデザインを公開、JR東海

2018年12月12日(水)17時44分

ハイブリッド特急車両(イメージ)
ハイブリッド特急車両(イメージ)

JR東海は12日、新型ハイブリッド特急車両のデザインなどを発表した。

新型特急車両は、特急「ひだ」「南紀」で運用中のキハ85系を更新する車両。エンジンで発電した電力と蓄電池に貯めた電力を使用し、モーターを回して走行するハイブリッド方式を採用する。

車両デザインは、飛騨・南紀地区をイメージした「和」がコンセプト。外観は「漆器の持つまろやかさや艶のある質感」をイメージし、曲線形状を盛り込むことにより、和や躍動感を表す。内装は、グリーン車は「落ち着いた上質感」、普通車は「明るいワクワク感」がテーマ。木目調の内装材を使用することで、木のぬくもりを演出する。

同社はデザインとあわせて、新型特急車両に導入する新技術についても発表した。車両の台車枠は、一体成型により溶接箇所を削減し、313系用の台車と比較して重要溶接部を約6割削減したものとする。台車には、振動状態を常時監視する装置を設置。異常発生時に迅速に検知できるようにする。また、車両・地上間のデータ通信システムを搭載。車両状態をリアルタイムに送信することでメンテナンスに活用するほか、輸送障害発生時には運行情報を車内案内表示器にて案内可能とする。

新型特急車両は、2019年末に走行試験を開始する予定。JR東海は、試作車を用いて約1年間試験を実施し、2022年度を目標に量産車を投入するとしている。

2018年12月12日(水)17時54分更新

関連する過去の鉄道未来ニュース

このニュースに関するツイート(新着順)

全77件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全105件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い短小路線に一票を

東武亀戸線、京成千原線、小田急多摩線、鶴見線、福島交通飯坂線、芝山鉄道線…

鉄道コムおすすめ情報

画像

豊田線・鶴舞線直通40周年

7月29日~、名鉄豊田線と地下鉄鶴舞線の相互直通運転40周年を記念して、直通列車などに系統板、ステッカーが掲出。

画像

南栗橋発のDL大樹ツアー

7月24日~25日、南栗橋駅発のDL夜行列車が運転。編成はDE10+14系4両。

画像

姪浜駅キロポストの謎

姪浜駅には、実際のキロ数とは異なる表記のキロポストが。その理由とは?

画像

天空が難波駅に入線

8月22日、観光列車「天空」が河内長野~難波間で運転。難波駅にて見学会の開催も。

画像

瀬戸内に新たな観光列車

「瀬戸内マリンビュー」を改造した新たな観光列車が、2020年秋に瀬戸内エリアに登場。

画像

時差Biz特急・ライナー

「時差Biz」にあわせた臨時列車が、東急東横線・田園都市線、東京メトロ各線で運転。東急線ではヘッドマークの掲出も。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • 伊豆急100系引退[2019年7月7日(日)]
  • 箱根登山鉄道100形103-107編成引退[2019年7月19日(金)]
  • 鉄道各社運賃改定[2019年10月1日(火)]
  • 沖縄都市モノレール首里~てだこ浦西間延伸開業[2019年10月1日(火)]
  • 京阪八幡市駅・深草駅など駅名変更[2019年10月1日(火)]
  • 京阪八幡市駅・深草駅駅名変更[2019年10月1日(火)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: