鉄道コム

蒸気機関車の復元作業に着手、東武

2018年11月10日(土)10時47分

動態復元するC11形1号機
動態復元するC11形1号機

東武鉄道は8日、C11形蒸気機関車の復元作業に着手すると発表した。

復元する車両は、C11 1号機。1947年に江若鉄道向けに製造されたもので、旧国鉄向けのC11形1号機とは別の車両となる。1957年からは雄別炭礦(ゆうべつたんこう)鉄道、1970年からは釧路開発埠頭で活躍した後、1975年に廃車。静態保存された。

東武鉄道では、C11形を保存管理していた日本鉄道保存協会から東武博物館が譲り受けたことにともない、大手私鉄としては初めて蒸気機関車の動態復元作業に取り掛かる。復元作業は、南栗橋SL検修庫にて実施する。復元作業を実施することにより、SLの日常の保守のみならず、SL全般の技術力を磨き上げていくとしている。

C11形1号機の復元予定は、2020年冬。復元後は、現在鬼怒川線にて運転しているSL「大樹」のけん引機、C11形207号機とあわせ、SL2両体制となる。東武鉄道では、年間を通してのSL安定運転が可能となるほか、他線区でのイベント運転も検討可能になるとしている。

2018年11月10日(土)10時47分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全5件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全7件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

789系、E235系、E655系、211系、クモヤ145形、EV-E801系、E001形、E5系、E926形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

とれいゆワーケーション

「とれいゆつばさ」による「やまがたワーケーション新幹線」が、10月1日に上野~新庄間で運転。

画像

新幹線「かもめ」デザイン

西九州新幹線「かもめ」用N700Sのデザインが発表。「九州らしいオンリーワンの車両」に。

画像

鉄道写真なんでもゼミナール

鉄道カメラマン助川康史さんの新連載がスタート。カメラマンへの質問も募集中!

画像

大阪の4つの貨物線

「北方貨物線」や「梅田貨物線」など、大阪周辺の4つの貨物線。その沿線を歩きました。

画像

同じ線路に列車が2本

同じ線路上に列車が縦列停車。珍しい光景が見られる駅が、東京や大阪などに存在します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 京阪5000系引退[2021年9月ごろ]
  • JR西日本ICOCAエリア普通回数乗車券発売終了[2021年9月30日(木)]
  • 新幹線E4系運転終了[2021年10月1日(金)]
  • 札幌市M100形営業運転終了[2021年10月31日(日)]
  • JR西日本ダイヤ改正 [2021年10月]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • しなの鉄道星空ラッピングトレイン運転開始[2021年秋ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: