札幌市、路面電車の新型車両を導入

2018年10月1日(月)20時47分

1100形「シリウス」
1100形「シリウス」

札幌市交通局は9月28日、新型低床車両「1100形」を導入し、愛称を「シリウス」に決定したと発表した。

1100形は、路線ループ化時に導入したA1200形「ポラリス」に続く低床車両。同局の路面電車としては、4年ぶりの新型車両となる。3車体連接車両のA1200形と異なり、単車タイプとしている。車内は全席ロングシートとしたことで、通路幅は1220ミリを確保。A1200形よりも約200~400ミリ拡大している。

愛称の「シリウス」は、A1200形と同様に星の名前を採用。9月1日に開催した「2018市電フェスティバル」において、来場者の投票により決定した。太陽以外では地球から最も明るく見える恒星の名前とすることで、街中を颯爽と走る姿や、「明るい都市=札幌」をイメージした。

2018年10月1日(月)20時47分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全172件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全71件

シリウスで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全56件

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線・特急が50%割引

JR東日本の「お先にトクだ値スペシャル」。新幹線・特急が50%割引に。

画像

珍しい鉄道システムの数々

アプト式、ゴムタイヤ地下鉄、リニア……数ある鉄道システムの中から、日本唯一の事例をご紹介。

画像

夜行急行三峰

秩父鉄道の電気機関車と12系によるツアー列車。電気機関車を運転できるオプショナルツアーも。

画像

ありがとう リゾートみのり

運転終了が延期となっていた「リゾートみのり」。ラストラン列車が8月8日~10日に運転。

画像

「36ぷらす3」10月デビュー

JR九州のD&S列車「36ぷらす3」が10月15日に営業運転を開始。5日かけて九州を周遊。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • JR九州36ぷらす3運転開始[2020年10月15日(木)]
  • 東武東上線新駅開業[2020年10月31日(土)]
  • JR北海道「はまなす」編成運用開始 [2020年10月頃]
  • キハ261系5000代運転開始[2020年10月頃]
  • 瀬戸内エリア新観光列車導入[2020年秋頃]
  • JR北海道キハ40形塗装復刻車両運転開始[2020年秋]
  • 七尾線521系導入開始[2020年秋]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: