札幌市、路面電車の新型車両を導入

2018年10月1日(月)20時47分

1100形「シリウス」
1100形「シリウス」

札幌市交通局は9月28日、新型低床車両「1100形」を導入し、愛称を「シリウス」に決定したと発表した。

1100形は、路線ループ化時に導入したA1200形「ポラリス」に続く低床車両。同局の路面電車としては、4年ぶりの新型車両となる。3車体連接車両のA1200形と異なり、単車タイプとしている。車内は全席ロングシートとしたことで、通路幅は1220ミリを確保。A1200形よりも約200~400ミリ拡大している。

愛称の「シリウス」は、A1200形と同様に星の名前を採用。9月1日に開催した「2018市電フェスティバル」において、来場者の投票により決定した。太陽以外では地球から最も明るく見える恒星の名前とすることで、街中を颯爽と走る姿や、「明るい都市=札幌」をイメージした。

2018年10月1日(月)20時47分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全163件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全433件

シリウスで動画を探した結果(新しく投稿された順)

全55件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い譲渡車両に一票を

青い森701系、富士急行8500系、大井川鐵道7200系、紀州鉄道KR301、筑豊電気鉄道2000形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

東京駅発着の中央線各停廃止

3月14日のダイヤ改正で、東京駅発着の中央線各駅停車は廃止。総武緩行線の御茶ノ水折り返しも廃止へ。

画像

「サフィール」は最大4本運転

3月14日にデビューする「サフィール踊り子」。定期・臨時あわせて1日最大4本運転。

画像

2020年春ダイヤ改正

2020年春のJRグループダイヤ改正、「のぞみ12本ダイヤ」など各社の内容はこちら。

画像

新京成の新型車両80000形

新技術の採用や、新たな価値の創造がコンセプト。デビューは12月27日。

画像

700系ラストラン

東海道新幹線ラストランは3月8日。2月からは2編成に引退記念装飾を実施。

画像

12月の鉄道イベント一覧

2019年もあとわずか。12月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • E261系営業運転開始[2020年3月14日(土)]
  • 新潟地区GV-E400系投入完了[2020年3月14日(土)]
  • 田町~品川間新駅暫定開業[2020年3月14日(土)]
  • 踊り子用E257系営業運転開始[2020年3月14日(土)]
  • 常磐線Suica利用可能エリア拡大[2020年春]
  • 磐越西線指定席着席サービス導入[2020年3月14日(土)]
  • 大船渡線・気仙沼線BRT新駅開業[2020年春]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: