北海道新幹線、青函トンネル区間での高速走行を試験

2018年7月14日(土)16時46分

鉄道建設・運輸施設整備支援機構は11日、青函トンネル区間での北海道新幹線の高速走行試験を行うと発表した。実施時期は、2018年9月。

北海道新幹線の高速走行試験は、青函共用走行区間等高速化検討ワーキンググループが2017年12月にとりまとめた方針に従うもの。青函トンネル内と、同トンネル前後の区間が対象で、現行で時速140キロで同区間を走行している北海道新幹線の列車速度を向上させるための試験として、時速160~210キロの運転を行う。試験の実施箇所は、青函トンネル内。時速160キロ運転で、新幹線と在来線列車とのすれ違い試験を行うほか、下り線では、同200~210キロでの運転も実施する。

試験の実施期間は、2018年9月2日(日)から同19日(水)まで。同ワーキンググループでとりまとめた方針では、青函トンネル内での時速160キロ走行を2018年度末に行うとし、同トンネル内下り線での時速210キロ走行については、遅くとも2020年度に、特定の時期かつ一部の時間帯に開始することをめざすとしている。

【追記】鉄道建設・運輸施設整備支援機構は9月12日、台風21号および北海道胆振東部地震の影響で、青函トンネル区間での北海道新幹線の高速走行試験を延期すると発表した。

2018年9月13日(木)23時22分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全38件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「駅弁」に一票を

牛肉どまん中、花咲かにめし、いかめし、菜の花弁当、鯛めし、雪だるま弁当…

鉄道コムおすすめ情報

画像

小田急ミステリーツアー

ロマンスカーに乗車し、小田急の車両基地を周遊。1月24日、31日に開催。

画像

NEXでテレワーク

両国駅で実施された、E259系によるシェアオフィスの実証実験。その背景は?

画像

Classic8000編成変更

阪急神戸線の「Classic8000」装飾編成が、8000編成から8002編成に変更。11月27日運転開始。

画像

新幹線新駅名発表

九州新幹線西九州ルートに設置される新駅2駅の駅名が発表。両駅とも仮称を正式採用。

画像

賀正HM先行装着

12月4日~6日、大井川鉄道のSLかわね路号が、賀正ヘッドマークと日章旗を先行装着し運転。

画像

11月の鉄道イベント一覧

季節はもうすぐ冬。11月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • JR西日本・大阪メトロ連絡定期券発売[2020年12月8日(火)]
  • 現美新幹線運転終了[2020年12月19日(土)]
  • 区界駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 山田線川内駅新駅舎供用開始 [2020年12月中旬]
  • 北海道新幹線青函トンネル区間時速210キロ走行[2020年12月31日(木)]
  • 東所沢駅リニューアル工事完了[2020年末]
  • 香椎線営業列車自動運転試験[2020年中]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: