ゆりかもめ、新型車両7500系を導入

2018年3月30日(金)17時22分

ゆりかもめ7500系(イメージ)
ゆりかもめ7500系(イメージ)

ゆりかもめは3月29日、新型車両7500系を導入すると発表した。

導入する7500系車両は、2014年に運転を始めた7300系に次ぐ新型車両。7300系で採り入れた全席ロングシートや、バリアフリー設備などを継承したうえで、設備の拡充などを行う。車内設備として、案内表示と広告画面の2画面を全ドア上部に取り付けるほか、空調用の送風機を1両あたり2台設置。ドア付近の握り棒の形状変更、吊り手の増設、車いすスペースの手すりの2段化なども行う。また、前面窓では、映り込みが低減する仕様に変更し、前面の眺めをよくする。このほか、車両の自動運転、手動運転の識別用に自動運転灯を新たに設ける。

7500系は、第1編成を2018年秋に導入した後、2020年6月までに計8編成を投入する予定。1999年に運転を始めた7200系は、7500系投入により置き換わる。

2018年3月30日(金)17時22分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全22件

鉄道コムおすすめ情報

画像

700系、20年の歩み

まもなく引退する東海道新幹線700系。1999年のデビューからの歴史を振り返ります。

画像

201系が引退へ

JR西日本が225系を追加製造。捻出した221系により、大和路線などの201系は順次引退。

画像

6月に渋谷駅ホーム移設

埼京線渋谷駅のホームが、6月に山手線ホーム横へ移設。切換工事での一部列車・区間運休も。

画像

武庫川線に新デザイン車両

阪神武庫川線に、5500系の改造車を投入。車両のデザインテーマは「野球」。

画像

松戸駅の改良工事

松戸駅の駅改良工事が今春着手。東西通路の拡幅、改札内コンコースの拡張など。南側では駅ビルの建設も。

画像

2月の鉄道イベント一覧

JRダイヤ改正まであと1か月。2月のプランニングには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 東海道新幹線700系営業運転終了[2020年3月8日(日)]
  • 常磐線Suica利用可能エリア拡大 [2020年3月14日(土)]
  • 常磐線全線直通特急運転再開[2020年3月14日(土)]
  • E261系営業運転開始[2020年3月14日(土)]
  • 新潟地区GV-E400系投入完了[2020年3月14日(土)]
  • 田町~品川間新駅暫定開業[2020年3月14日(土)]
  • 踊り子用E257系営業運転開始[2020年3月14日(土)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: