新夕張~夕張間の廃止日を自治体と合意、JR北

2018年3月26日(月)14時8分

拠点複合施設(イメージ)
拠点複合施設(イメージ)

JR北海道は23日、石勝線の新夕張~夕張間(16.1キロ)について、鉄道事業の廃止日を2019年4月1日とすることで夕張市と合意したと発表した。

新夕張~夕張間の廃止は、2016年8月に同社から夕張市長に正式に申し入れていたもの。その後、廃止日について両者で協議を行い、このほど最終的な合意に至った。合意した廃止日は、2019年4月1日(月)。同区間の廃止は、JR北海道の路線では、2016年12月の留萌本線留萌~増毛間の廃止に次ぐものとなる。

同社は今回、鉄道廃止後の持続可能な交通体系の構築についての費用として、7億5000万円を拠出することも明らかにした。また、夕張市が南清水沢地区で整備を予定している拠点複合施設の建設にあたり、用地の一部を譲渡することも公表した。同施設は、路線バスが乗り入れるロータリーのほか、多目的ホール、待合交流スペースなどを配置。オープンは、2019年度を予定している。

2018年3月26日(月)14時12分更新

関連する過去の鉄道未来ニュース

  • 新夕張~夕張間廃止

    JR北海道は17日、石勝線の新夕張~夕張間(16.1キロ)について、鉄道事業を廃止する申し入れを沿線自治体の夕張市に伝えた。

  • ************、****

    • 2017年6月14日(水)

    (この記事は鉄道コム有料会員になるとご覧になれます)

このニュースに関するツイート(新着順)

全194件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全581件

  • 西日本豪雨のニュースに隠れていましたがJR北海道の札沼線ですが浦臼町も容認しました。これで、新十津川、浦臼、月形が廃止に同意したことになります。残る1町というのは実は、当別町です。当別は、北海道医療...

  • 戦後の「傾斜生産方式」により炭鉱地帯に重点的には政府資金が配分されたが、1955(昭和30)年7月には「石炭鉱業合理化臨時措置法」が成立した。夕張市内でも中小炭鉱が閉山する一方、大手炭鉱への生産が集中し順...

  • イメージ 1

    根室本線1

    • 12日(木)12時31分

    富良野駅、11時15分発、東鹿越行きに乗ります。この列車は、滝川駅から来た列車で、富良野駅に10時48分に着き、私が乗ってきた富良野線の到着を待ってから出発してくれる、非常に好都合な列車です。なぜ...

鉄道コムおすすめ情報

画像

東急 新型車両記念入場券

2020系と6020系のデビューを記念した入場券セット。7月15日発売開始。

画像

引退迫る関電トロリーバスに迫る

2018年度で運行を終了する関電トンネルトロリーバス。車両や設備などを紹介。

画像

アニメと鉄道展

7月13日から開催のアニメと鉄道展。内覧会の模様を紹介。

鉄道未来インデックス

  • JR西昼間特割きっぷ発売終了[2018年9月末]
  • 秩父鉄道ふかや花園駅開業[2018年10月]
  • 大阪高速鉄道3000系営業運転開始[2018年秋]
  • ICOCAポイントサービス導入[2018年秋]
  • 西武新型特急車両デビュー[2018年度末]
  • 新夕張~夕張間廃止[2019年4月1日]
  • 南海9000系リニューアル車両完成[2019年春]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: