新型名阪特急の新造を決定、近鉄

2018年1月11日(木)15時0分

外観イメージ
外観イメージ

近畿日本鉄道は11日、「新型名阪特急」の新造を決定したと発表した。

この新型特急車両は、大阪難波~近鉄名古屋間の名阪特急に導入する車両。6両編成8本、8両編成3本の計72両を製造する。また、6両編成、8両編成ともに、両先頭車は「ハイグレード車両」とする。

車体デザインは、21000系「アーバンライナー」や50000系「しまかぜ」と同様の流線型とし、先進的でスピード感あふれる形状とするほか、カラーリングでは、従来の近鉄特急で採用されてきた黄色ではなく、「透明感のある深い赤」を採用する。

ハイグレード車両となる両先頭車では、ハイデッカー構造を採用し眺望に配慮するほか、前面展望も考慮する。ハイグレード車両の座席は、本革を使用した3列シートで、座席間隔はアーバンライナーよりも25センチメートル広い130センチメートルとする。座席には電動リクライニング・レッグレストを搭載するほか、バックシェルを設けることで他の旅客への配慮を不要とさせる。このほか、電動式フルアクティブサスペンションを搭載し、横揺れの低減を図る。

レギュラー車両となる中間車では、ガラス製の荷棚と仕切り扉を採用し、開放感のあるデザインとする。レギュラー車両の座席では、全席にバックシェルを設置するほか、同社最大となる座席間隔116センチメートルの配置とする。

このほか、各車両に大型荷物を収容できるロッカーや荷物スペースの設置、無料Wi-Fiサービスの提供、座席以外でくつろげるユーリティスペースの設置、空気清浄機の搭載、全席へのコンセントの設置、4か国語に対応した車内案内表示器の搭載などを行い、旅客の利便性を高める。また安全面の対策として、各車両に防犯カメラを設置するほか、車両設計も衝突時の安全に配慮したものとする。

この新型名阪特急の導入時期は、2020年春を予定する。なお2018年1月現在、名阪間で運転される速達種別の甲特急には、21000系11本、21020系2本が投入されている。

2018年1月11日(木)15時0分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全154件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1589件

新型名阪特急で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全228件

鉄道コムおすすめ情報

画像

京急 ザコと行くヒャッハートレイン

マンガ「北斗の拳」とのコラボ企画。駅名看板の「京急かぁまたたたたーっ駅」などへの変更も。

画像

引退迫る関電トロリーバスに迫る

2018年度で運行を終了する関電トンネルトロリーバス。車両や設備などを紹介。

画像

鉄道長期不通路線マップ

豪雨で被災した中国・四国地方などの不通状況も掲載中。夏の旅行前に確認を…

鉄道未来インデックス

  • 近鉄22000系、30000系などカラーリング変更完了[2019年度]
  • つくばエクスプレス増備車両運転開始[2020年3月]
  • E261系営業運転開始[2020年春]
  • 広島高速交通新型車両導入[2019年度]
  • メトロ13000系・東武70000系導入完了[2019年度]
  • JR北海道新型気動車量産車製造[2019年度]
  • E235系量産車投入完了[2020年春ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: