鉄道データのオープン化へ、アイデアコンテスト開催

2017年12月7日(木)18時1分

東京公共交通オープンデータチャレンジ
東京公共交通オープンデータチャレンジ

首都圏の鉄道事業者らが参画する、公共交通オープンデータ協議会は7日、データの活用アイデアなどを募集するコンテスト「東京公共交通オープンデータチャレンジ」の募集を開始した。

コンテストでは、対象となる交通事業者の情報データを応募者に提供し、データを活用したアイデアやアプリケーションを募集する。対象の事業者は、JR東日本、東京都交通局、関東の大手私鉄8社の鉄道事業者など。公開するデータは、列車・駅の時刻表、運行情報などで、JR東日本や東京メトロなどではリアルタイムの在線情報も提供する。

応募は、個人、グループ、法人を問わず誰でも可能。実際に稼働するアプリケーションのほか、対象データを活用したサービスの企画アイデアのみでも応募できる。応募期間は2017年12月7日(木)から2018年3月15日(木)まで 。期間中は無償でデータが提供されるほか、応募者の中から最優秀者に100万円が贈られる。

公共交通オープンデータ協議会は、今後さらなる交通データのオープン化を進めるとともに、優れたサービスの公開を開発者に促すことで、誰もがスムーズに乗りこなせる交通の実現を目指したいとしている。

2017年12月7日(木)18時1分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全3件

該当するブログ記事はありません

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い急行列車に一票を

たかやま、銀河、南越後、よねしろ、狩勝、ちどり、だいせん、さんべ、土佐、日南…

鉄道コムおすすめ情報

画像

ゆいレールで京急ラッピング

2/8より運転開始。運転期間は1年を予定。

鉄道未来インデックス

  • 銚子電気鉄道レトロ電車導入[2017度末]
  • E235系車内防犯カメラ設置開始[2018年春]
  • 東急2020系導入[2018年春]
  • 都営浅草線5500形導入[2018年春]
  • 京王5000系導入[2018年春]
  • 京王座席指定列車導入[2018年春]
  • ICOCA3エリア相互利用開始[2018年夏]