沿線全自治体が入場券発売に協力、JR北

2017年7月14日(金)17時39分

塩狩駅ご当地入場券(券面デザイン)
塩狩駅ご当地入場券(券面デザイン)

JR北海道は12日、同社の駅が立地する沿線自治体の協力により、「JR北海道わがまちご当地入場券」を順次発売すると発表した。

JR北海道わがまちご当地入場券は、同社の駅が立地する自治体の協力を受けて発売するもの。北海道の100の市町村と、青森県今別町に対し、同社が案内を出したところ、101市町村すべてが参画することとなった。北斗市は新函館北斗駅、七飯町は大沼公園駅など、各自治体につき1つの駅を対象に発売。発売額はいずれも1枚170円で、2017年7月20日(木)から、81駅の入場券を対象駅や近隣の施設、店舗などで発売する。

同社では、今回のご当地入場券に関連したキャンペーンとして、「北海道の列車カード」や、各自治体などが提供する特産品等をプレゼントする企画も実施。入場券の提示で、記念品を提供するなどの現地での特典も用意する。また、ご当地入場券を収集するための「専用コレクションファイル」の販売も行う。

2017年7月14日(金)17時39分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全117件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全180件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

思い入れのある路線に一票を

大社線、鍛冶屋線、飾磨港線、小松島線、三国線、香月線、勝田線、細島線、宮之城線…

鉄道コムおすすめ情報

画像

2018年春ダイヤ改正リリース発表

「スーパーあずさ」のE353系統一、「あさぎり」の名称変更など

鉄道未来インデックス

  • スルッとKANSAI利用終了[2018年1月末]
  • 小田急東北沢~世田谷代田間複々線化完成[2018年3月中旬]
  • 小田急新愛称ロマンスカー運転開始[2018年3月中旬]
  • 小田急ダイヤ改正[2018年3月中旬]
  • 東急大井町線急行7両化完了[2018年3月]
  • 銚子電気鉄道レトロ電車導入[2017度末]
  • 小田急新型ロマンスカー70000形導入[2018年3月]