新型ディーゼル機関車DD200形を投入、JR貨物

2017年6月16日(金)17時59分

DD200形式(外観デザイン)
DD200形式(外観デザイン)

JR貨物は15日、新型ディーゼル機関車「DD200形式」の試作車を2017年6月下旬に投入すると発表した。

DD200形式は、同社の新型ディーゼル機関車。JR発足後に開発したDF200形式やEF210形式などの技術を応用し、製造する。駆動方式は、電気式。既存の液体式ディーゼル機関車、DE10形式に相当する走行性能を持たせつつ、同形式よりも約6トン軽量化し、重量は58.8トンに抑える。すでに試作車の製造を進め、2017年6月下旬に同車両を導入する。

DD200形式は、非電化区間での貨物列車のけん引と、貨物駅構内の入換作業の両方に使用しているDE10形式、DE11形式を置き換える形で導入。けん引機と入換作業車両とを兼ねることから、車体中央部の運転台は横向きに配置するほか、入れ換えなどの際、作業員が誘導を行いやすくするため、車端部にデッキスペースを設置する。

2017年6月16日(金)17時59分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全26件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全54件

鉄道未来インデックス

  • JR貨物新型ディーゼル機関車投入(2017年6月下旬)
  • 大井川鐵道14系客車導入(2017年6月)
  • 東武鬼怒川線SL列車デビュー(2017年夏)
  • 埼京線「ATACS」導入(2017年秋)