西武、新型特急車両の内装デザインを発表

2017年6月14日(水)19時45分

新型特急車両(イメージ)
新型特急車両(イメージ)

西武鉄道は13日、2018年度に導入する新型特急車両について、内装などのデザインの概要を発表した。

導入する新型特急車両は、「いままでに見たことのない新しい車両」がコンセプト。同社は今回、コンセプトに沿った形で、内装などの基本デザインを決定した。車体デザインでは、三次元の曲面ガラスを先頭部に採用。カラーリングは、アルミ製の車体に塗装する仕様とする。客室は白を基調に、大きな客室窓を配置。窓は等間隔で連続する配置にする。座席シートとエントランスは、黄色を基調に配色。各トイレの基調色にも黄色を使う。壁の一部や天井には曲面のデザインを採用。照明は、天井から光が反射する間接照明を用いる。車内設備では、各座席に電源コンセントを配備。5号車にはAEDを備え付けるほか、同社初となる女性専用トイレを設ける。

新型特急車両は、8両編成7本の56両を導入。運行開始時期は、2018年度末を予定している。

2017年6月14日(水)19時45分更新

関連する過去の鉄道未来ニュース

このニュースに関するツイート(新着順)

全541件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全198件

  • イメージ 1

    5/20 2673レ・5639レなど

    • 20日(日)21時57分

    今日は良い天気だったので近場で西武を。まずは国分寺線へ。6696レ(各停 国分寺行) 2000系2031F小川~鷹の台旧2000の2031Fからスタート。気持ちいいほど清々しい青空でしたので、これは生かして撮らないとですね...

  • 5月10日、西武鉄道は、2018年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。昨年は、5...

  • 西武鉄道は総額247億円の2018年度鉄道事業設備投資計画を発表しました。1.安全対策 1)駅ホームの安全性向上・ホームドアの設置2020年度を目途に一日乗降客数10万人以上の駅に設置予定。練馬駅、...

    densuki7さんのブログ

鉄道コム期間限定おすすめ

画像

想い出深い終着駅に一票を

和田岬駅、JR難波駅、九頭竜湖駅、鳥羽駅、境港駅、鳴門駅、西戸崎駅、宮崎空港駅…

鉄道コムおすすめ情報

画像

信濃路で115系を満喫

5月27日、しなの鉄道線を115系が往復。坂城駅では、115系、EF64などの撮影会も。

鉄道未来インデックス

  • ICOCA3エリア相互利用開始[2018年夏]
  • JR西昼間特割きっぷ発売終了[2018年9月末]
  • 秩父鉄道ふかや花園駅開業[2018年10月]
  • ICOCAポイントサービス導入[2018年秋]
  • 西武新型特急車両デビュー[2018年度末]
  • 新夕張~夕張間廃止[2019年4月1日]
  • 南海9000系リニューアル車両完成[2019年春]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: