西武、新型特急車両の内装デザインを発表

2017年6月14日(水)19時45分

新型特急車両(イメージ)
新型特急車両(イメージ)

西武鉄道は13日、2018年度に導入する新型特急車両について、内装などのデザインの概要を発表した。

導入する新型特急車両は、「いままでに見たことのない新しい車両」がコンセプト。同社は今回、コンセプトに沿った形で、内装などの基本デザインを決定した。車体デザインでは、三次元の曲面ガラスを先頭部に採用。カラーリングは、アルミ製の車体に塗装する仕様とする。客室は白を基調に、大きな客室窓を配置。窓は等間隔で連続する配置にする。座席シートとエントランスは、黄色を基調に配色。各トイレの基調色にも黄色を使う。壁の一部や天井には曲面のデザインを採用。照明は、天井から光が反射する間接照明を用いる。車内設備では、各座席に電源コンセントを配備。5号車にはAEDを備え付けるほか、同社初となる女性専用トイレを設ける。

新型特急車両は、8両編成7本の56両を導入。運行開始時期は、2018年度末を予定している。

2017年6月14日(水)19時45分更新

関連する過去の鉄道未来ニュース

このニュースに関するツイート(新着順)

全416件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全157件

鉄道未来インデックス

  • 相鉄20000系車両導入(2017年12月)
  • 秩父鉄道ふかや花園駅開業(2018年10月)
  • 西武新型特急車両デビュー(2018年度末)