「電車」として初の重要文化財が選定へ

2017年3月13日(月)18時42分

6141号電車(上)と1001号電車(下)
6141号電車(上)と1001号電車(下)

国の文化審議会は10日、有形文化財として登録されている2つの「鉄道用電気車両」(電車)を重要文化財に指定するよう文部科学大臣に答申した。電車の重要文化財指定は、今回が初めて。

重要文化財指定の答申があった電車は、「ナデ六一四一号電車」(以下6141号)と「東京地下鉄道一〇〇一号電車」(同1001号)の2件。いずれも有形文化財として登録されているが、今回の答申により、重要文化財(美術工芸品)に指定されることになる。6141号は鉄道博物館に、1001号は地下鉄博物館にそれぞれ収蔵、展示。重要文化財の所蔵は、鉄道博物館では4件目、地下鉄博物館では初となる。

6141号は、1914年に鉄道院新橋工場で製造された「ボギー電車」。ボギー電車は、車体の前後に2軸の台車を装着した車両で、6141号は同院で最初に採用されたグループの1両という。現存する最古のボギー電車で、鉄道博物館には2007年の開館当初から展示されている。

1001号は、1927年に日本車輌製造で造られた地下鉄車両。東洋初の地下鉄として開業した日本地下鉄道(上野~浅草間)で、同年に運転を始めた車両で、1968年まで走り続けた。地下鉄博物館での展示は、1986年に始まった。

2017年3月13日(月)18時42分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全13件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全21件

  • 鉄道ジオラマ見学後は、車両ステーションを歩く。ナデ6110形式6141号電車は、重要文化財に指定された。貴重な車両ではあるが、車内にも立ち入りできるのでしっかり見学する。そろそろお昼になったので、...

  • 日本初の地下鉄である浅草~上野間が、前身の東京地下鉄道によって開業してから、今日(12月30日)で90周年を迎えました。90年前の開業の時(日本の地下鉄の幕開け)は、東京地下鉄道の1000形が使われ、たった5分間の...

  • 前回ご紹介した甲武鉄道のデ963形は、国鉄電車の始祖ですが、路面電車同然の二軸車体では、鉄道の発達に対応できなくなったと思われ、国鉄(鉄道院)では16m級の木造車体を持つ一連のボギー電車が開発されました...

鉄道コムおすすめ情報

画像

189系M52編成ラストラン

4月22日、189系「グレードアップあずさ色」のラストランツアーが開催。

鉄道未来インデックス

  • ICOCA3エリア相互利用開始[2018年夏]
  • JR西昼間特割きっぷ発売終了[2018年9月末]
  • 秩父鉄道ふかや花園駅開業[2018年10月]
  • ICOCAポイントサービス導入[2018年秋]
  • 西武新型特急車両デビュー[2018年度末]