鉄道コム

JR・大手私鉄など、手回り品のルールを変更

2016年3月31日(木)16時13分

JRグループの旅客各社、大手私鉄各社など34社局は3月31日、鉄道車内に持ち込むことができる手回り品について、ルールを一部で変更すると発表した。

手回り品のルール変更は、可燃性の液体、固体、高圧ガスが主な対象。現行では、容器を含む重量が3キロ以内であれば持ち込みができるガソリン、灯油などの可燃性液体を、変更後は量にかかわらず、車内への持ち込みを禁止とする。可燃性液体を含む物品のうち、酒類、化粧品類、医薬品などの日用品で、一般的な販売がされているものについては、持ち込み可能な量を見直し、2リットル以内、または容器を含む重量で2キロ以内にする。そのほか、これまで規定のなかった高圧ガスを使ったスプレー類やカセットガスについては、2リットル、または容器を含め2キロ以内という量の制限を新たに設ける。LPガスについては、引き続き持ち込みを禁じる。

今回のルール変更を発表したのは、JRの旅客各社6社、大手私鉄16社のほか、新京成電鉄、北総鉄道、東葉高速鉄道、埼玉高速鉄道、首都圏新都市鉄道の5社、仙台市、東京都、横浜市、京都市、大阪市、神戸市、福岡市の各交通局。JR各社では、2016年4月28日(木)にルールを変更し、他の社局では同日より順次変更するとしている。

2016年3月31日(木)16時13分更新

鉄道コムおすすめ情報

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

鉄道未来インデックス

  • 箱根登山鉄道鉄道線運賃改定[2022年10月1日(土)~]
  • JR九州 ななつ星車両・コースリニューアル[2022年10月]
  • 肥前山口駅駅名変更[2022年度秋ごろ]
  • 田園都市線旧型車両置き換え完了[2022年]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: