西鉄、新型車両9000形を導入

9000形(外観イメージ)
9000形(外観イメージ)

西日本鉄道は4日、新型車両9000形を天神大牟田線に導入すると発表した。導入開始時期は、2017年3月。

導入する9000形は、既存の3000形をベースにした新しい通勤型車両で、車体はステンレス製。車体側面には、同社の歴代車両で多く使われている赤帯をモチーフにした「ロイヤルレッド」の帯を入れ、先頭部の塗色にも同色を使用する。車内は白を基調色とし、ガラスを座席の仕切りや連結部分の扉などに採用。車内設備では、乗降口の上部に4か国語対応の車内案内表示器を2画面設けるほか、扉開閉動作ランプを設置する。座席はロングシートとし、1人あたりの座席幅を従来の車両より15~20ミリ拡大。座席部の縦の手すり(スタンションポール)も増設する。車外の行先表示器は、フルカラーLEDを採用。照明はすべてLED化する。また、主制御器と補助電源装置には、次世代パワー半導体の炭化ケイ素(SiC)を使用。省エネルギー化を進め、既存の5000形車両に比べ、消費電力量を半分に減らすとしている。

9000形は、川崎重工業が製造を担当。2016年度に3両固定編成と2両固定編成を2本ずつ、計10両を落成し、2017年3月に営業運転を始める。運転区間は、天神大牟田線全線。主に急行、普通列車で運用する。2017年度も3両固定編成2本、2両固定編成1本の計8両を導入する。9000形の導入により、同社の主力車両5000形を置き換える。

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全84件

このニュースに関するツイート(新着順)

全19件

鉄道未来インデックス

一部を表示

  • 一畑電車デハ7000系導入(2016年12月)
  • 西鉄9000形導入(2017年3月)
  • 西武40000系導入(2017年春)
  • 京阪8000系座席指定車両導入(2017年)
  • クルーズトレイン「四季島」デビュー(2017年春)
  • 大井川鐵道14系客車導入(2017年6月)
  • 東武鬼怒川線SL列車デビュー(2017年夏)

ニュース検索

南阿蘇鉄道が寄付金を募集しています

熊本地震により被災した南阿蘇鉄道が、寄付金を受け付けています。

災害により廃止された高千穂鉄道と同じ道をたどらないよう、私たち鉄道ファンで、南阿蘇鉄道の完全復旧に向けて応援しましょう。

南阿蘇鉄道の公式サイト(寄付金募集案内)