西鉄、新型車両9000形を導入

2016年2月5日(金)19時48分

9000形(外観イメージ)
9000形(外観イメージ)

西日本鉄道は4日、新型車両9000形を天神大牟田線に導入すると発表した。導入開始時期は、2017年3月。

導入する9000形は、既存の3000形をベースにした新しい通勤型車両で、車体はステンレス製。車体側面には、同社の歴代車両で多く使われている赤帯をモチーフにした「ロイヤルレッド」の帯を入れ、先頭部の塗色にも同色を使用する。車内は白を基調色とし、ガラスを座席の仕切りや連結部分の扉などに採用。車内設備では、乗降口の上部に4か国語対応の車内案内表示器を2画面設けるほか、扉開閉動作ランプを設置する。座席はロングシートとし、1人あたりの座席幅を従来の車両より15~20ミリ拡大。座席部の縦の手すり(スタンションポール)も増設する。車外の行先表示器は、フルカラーLEDを採用。照明はすべてLED化する。また、主制御器と補助電源装置には、次世代パワー半導体の炭化ケイ素(SiC)を使用。省エネルギー化を進め、既存の5000形車両に比べ、消費電力量を半分に減らすとしている。

9000形は、川崎重工業が製造を担当。2016年度に3両固定編成と2両固定編成を2本ずつ、計10両を落成し、2017年3月に営業運転を始める。運転区間は、天神大牟田線全線。主に急行、普通列車で運用する。2017年度も3両固定編成2本、2両固定編成1本の計8両を導入する。9000形の導入により、同社の主力車両5000形を置き換える。

2016年2月5日(金)19時48分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全178件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全303件

  • イメージ 1

    雨の旅人

    • 18日(祝)22時40分

    雨の踏切を往く・・・既報の通り、15日金曜日の夕方に東京を発って、嫁のご両親が住む博多に帰省してきました。当初は空いた時間に少し駅撮りでも、、、と思っていたのですが、到着した晩にフェイスブックの鉄...

  • 皆様こんにちは(*´∀`)リーフィアです。今日は直方駅構内で819系が脱線したみたいですね(汗)その関係で817-3000による代走があってるみたいなので、1度撮影したいと思います。今回は昨日の続きになります。旅人で...

  • こんばんは。今回は【九州撮影(2017/9/8)】~その4~の続きとなります。貝塚駅からは今回は福岡市営地下鉄を利用して博多駅へ戻ります。今回の移動の撮影は残念ながらしておりません。博多駅に到着して昼飯にしま...

    ブルーライナー宇和海さんのブログ

鉄道コムお知らせ

画像

Amazonギフト券プレゼント

鉄道コムのサイトに関するアンケートにご協力ください。抽選で4000円分をプレゼントします

鉄道コムおすすめ情報

画像

車両基地関連のイベント一覧

年に1度きりの車両基地一般公開は見逃せません。最新のイベント情報をお見逃しなく!

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月開催のイベントはほぼ出揃いました。9月開催の予定情報をチェック!

画像

台風による鉄道の影響は?

3連休に直撃した台風18号の影響で、全国の鉄道路線に影響が発生しました。現在の運行情報をご確認ください

鉄道未来インデックス