西鉄、新型車両9000形を導入

9000形(外観イメージ)
9000形(外観イメージ)

西日本鉄道は4日、新型車両9000形を天神大牟田線に導入すると発表した。導入開始時期は、2017年3月。

導入する9000形は、既存の3000形をベースにした新しい通勤型車両で、車体はステンレス製。車体側面には、同社の歴代車両で多く使われている赤帯をモチーフにした「ロイヤルレッド」の帯を入れ、先頭部の塗色にも同色を使用する。車内は白を基調色とし、ガラスを座席の仕切りや連結部分の扉などに採用。車内設備では、乗降口の上部に4か国語対応の車内案内表示器を2画面設けるほか、扉開閉動作ランプを設置する。座席はロングシートとし、1人あたりの座席幅を従来の車両より15~20ミリ拡大。座席部の縦の手すり(スタンションポール)も増設する。車外の行先表示器は、フルカラーLEDを採用。照明はすべてLED化する。また、主制御器と補助電源装置には、次世代パワー半導体の炭化ケイ素(SiC)を使用。省エネルギー化を進め、既存の5000形車両に比べ、消費電力量を半分に減らすとしている。

9000形は、川崎重工業が製造を担当。2016年度に3両固定編成と2両固定編成を2本ずつ、計10両を落成し、2017年3月に営業運転を始める。運転区間は、天神大牟田線全線。主に急行、普通列車で運用する。2017年度も3両固定編成2本、2両固定編成1本の計8両を導入する。9000形の導入により、同社の主力車両5000形を置き換える。

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全255件

  • イメージ 1

    西鉄9000形

    • 20日(土)19時9分

    9000形2017年に主力車として活躍していた5000形の置き換えを目的に誕生。前照灯・尾灯・車内照明など、全ての照明装置をLED化したことにより、消費電力量は5000形との比較で約50%に抑えられている。3000形と...

    福岡県民のブログ

  • イメージ 1

    西鉄9000形電車とD51蒸気機関車

    • 2017年5月16日(火)

    3月に営業運転を開始した西鉄9000形の電車を撮影したいと思っていましたが昨日、やっと西日本鉄道の新型電車9000形の写真を撮ることが出来ました。運転士さんのシャツが笑った人の顔みたいに見えますね(^^;...

    ちびねこさん動くイラストフリー素材

  • イメージ 2

    皆さんこんばんは。金曜の夕方から土日にかけて、遠征に行ってきました。岡山・広島方面へ、サロンカーとかを特に狙ったわけではなく、自分が行きたかったところに行き、乗りたかったものに乗るというスタイルで...

    熊本発!まっつぅーの鉄道ブログ

このニュースに関するツイート(新着順)

全144件



鉄道コムおすすめ情報

画像

好きなJRローカル線は?

山陰本線、日南線、五能線、飯田線、播但線、釧網本線、高山本線、小海線…

鉄道未来インデックス

一部を表示

  • クルーズトレイン「四季島」デビュー(2017年春)
  • 東武特急500系車両導入(2017年春)
  • 大井川鐵道14系客車導入(2017年6月)
  • 千葉駅駅ビルなど開業(2017年度)
  • 東武鬼怒川線SL列車デビュー(2017年夏)

ニュース検索