JRの年末年始利用、各社でおおむね前年並み

2016年1月7日(木)13時20分

JRグループ
JRグループ

JRグループの旅客各社は6日、年末年始の利用状況を発表した。一部の列車に運休や遅延が生じたものの、各社ともおおむね前年並みだった。

集計の対象期間は、2015年12月25日~2016年1月5日。ピークは12月30日と1月3日だった。

新幹線では、JR東日本の5つの新幹線が約397万人(前年比約101%)、東海道新幹線が約424万人(同101%)、山陽新幹線が約203万人(同99%)、北陸新幹線(JR西日本)が約34万人、九州新幹線が約40万人(同102%)と、ほぼ全てで前年を上回った。

一方、在来線の特急列車では、JR東日本エリアの主要線区が約95万人(前年比約99%)、JR西日本エリアが約91万人(同97%)、JR九州の主要2線区が約50万人(同97%)、JR四国エリアの主要4線区が約47万人(同98%)、JR北海道の主要4線区が約36万人(同93%)、JR東海エリアが約23万人(同93%)と、ほとんどの線区で前年を下回った。設備不具合などによる運休や遅延で、JR北海道では札幌~岩見沢間の「スーパーカムイ」などが前年比84%となったほか、JR東海では「しらさぎ」が同81%となった。

近距離の普通列車では、首都圏を含むJR東日本エリアで前年比104%、名古屋圏を含むJR東海エリアで同103%、JR西日本の近畿圏で同104%、JR北海道の札幌圏(札幌駅)では同105%だった。

2016年1月7日(木)13時20分更新

鉄道コム期間限定おすすめ

画像

想い出深い終着駅に一票を

武豊駅、氷見駅、関西空港駅、宇野駅、長門本山駅、博多南駅、長崎駅、志布志駅…

鉄道コムおすすめ情報

画像

信濃路で115系を満喫

5月27日、しなの鉄道線を115系が往復。坂城駅では、115系、EF64などの撮影会も。

鉄道未来インデックス

  • ICOCA3エリア相互利用開始[2018年夏]
  • JR西昼間特割きっぷ発売終了[2018年9月末]
  • 秩父鉄道ふかや花園駅開業[2018年10月]
  • ICOCAポイントサービス導入[2018年秋]
  • 西武新型特急車両デビュー[2018年度末]
  • 新夕張~夕張間廃止[2019年4月1日]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: