鉄道コム

旧津山扇形機関車庫をリニューアル、JR西

2015年10月29日(木)17時19分

津山まなびの鉄道館(シンボルマーク)
津山まなびの鉄道館(シンボルマーク)

JR西日本岡山支社は29日、旧津山扇形機関車庫を改装し、「津山まなびの鉄道館」として開業すると発表した。開業時期は、2016年春。

旧津山扇形機関車庫のリニューアルは、2016年春の岡山デスティネーションキャンペーンにあわせて実施。収蔵車両の拡充、展示スペースの改装などを行い、施設名称を「津山まなびの鉄道館」に変更して開業する。収蔵する車両は、ディーゼル機関車や気動車など既存の9両のほかに、新たにD51形蒸気機関車、DF50形、DD13形、DD16形の各ディーゼル機関車を追加。展示スペースは、鉄道や街並みをテーマにした現在の展示室を改装し、鉄道の歴史と変遷、鉄道の仕組みに関する展示室、ジオラマ模型を設置した展示室にそれぞれ変更する。ジオラマ模型は、扇形機関車庫を含む津山の情景を模したものとし、Nゲージ車両を走らせる。校外学習などの受け入れに使用する学習室も新たに設置する。

津山まなびの鉄道館の開業時期は、2016年春を予定している。

2015年10月29日(木)17時19分更新

鉄道コムおすすめ情報

画像

日暮里・舎人ライナー車両置き換えへ

6月25日、日暮里・舎人ライナーの330形3次車が、営業運転を開始。300形は順次置き換えに。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の「青い電車」3000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

黄色一色から脱却した理由は?

岡山・備後エリアに導入される227系。「黄色一色」のデザインから変化した理由を聞きました。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 西鉄雑餉隈新駅駅名発表[2022年夏]
  • JR東日本普通回数券発売終了[2022年9月30日(金)]
  • 北総線・京成成田スカイアクセス線運賃改定[2022年10月1日(土)]
  • 箱根登山鉄道鉄道線運賃改定[2022年10月1日(土)~]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: