「くろしお」「こうのとり」などに289系を投入

2015年4月30日(木)18時10分

683系(左)、381系(右)
683系(左)、381系(右)

JR西日本は28日、683系特急用車両85両を289系に形式変更し、特急「くろしお」、「こうのとり」、「きのさき」、「はしだて」に投入すると発表した。

形式変更する683系車両は、2015年3月のダイヤ改正前まで特急「しらさぎ」で使用していたもの。交流・直流の両方の電化方式に対応する683系車両のうち、同85両については、交流用機器の使用を停止し、形式を変更。289系とし、直流区間に投入する。289系の導入数は、京都・大阪地区と和歌山・南紀地区を結ぶ特急「くろしお」に6両編成5本、3両編成3本の計39両、新大阪駅と北近畿地区を結ぶ特急「こうのとり」と、京都駅と同地区を結ぶ特急「きのさき」、「はしだて」に4両編成7本、3両編成6本の計46両。これら4つの特急列車で使用している381系車両を順次置き換える。置き換えにより、同特急列車はすべて、JR発足後に製造された車両になる。

289系は、2011年にデビューした287系に次ぐ形式。289系では381系にはなかった設備として、多目的室や車イス対応トイレのほか、各客室最前後部の壁のコンセントが設置されており、トイレの様式も381系の和式から洋式に変わる。

置き換えられる381系は、1973年から1982年にかけて製造された特急用電車。曲線区間でもスピードを保てる振子式を最初に実用化した形式で、中央本線、紀勢本線、伯備線などに投入された。381系の関西地区からの引退により、同形式の特急列車は岡山~出雲市間の「やくも」のみとなる。

2015年4月30日(木)18時10分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全3851件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1件

  • 3月1日 中山寺で撮影後は、「明智光秀」ラッピングの特急こうのとりを撮影しました。中山寺駅横の踏切辺りは、宝塚市内では貴重な開けた撮影ポイントです。3012M 289系FG401 特急こうのとり12号↓ブログランキング...

鉄道コムおすすめ情報

画像

12200系引退記念グッズ

近畿日本鉄道が、12200系の引退記念乗車券とグッズを発売。乗車券はネットでの事前申込を受付。

画像

DE10が仙台臨海鉄道へ

秋田臨海鉄道が、3月の事業廃止を前に、DE10形1250号機を仙台臨海鉄道へ譲渡。

画像

215系運用終了へ

「湘南ライナー」の廃止とともに、定期運用が消滅する2階建て車両の215系。運用消滅後の動向は?

画像

AF機能の使い分け

カメラマン助川康史さんによる連載。今回は、撮影シーンに応じたAF機能の使い分けをご紹介。

画像

185系記念入場券

「『メモリアル185』記念入場券」が、3月1日に発売。ゆかりのある各駅の入場券のほか、オリジナル方向幕が付属。

鉄道未来インデックス

  • 日高本線鵡川~様似間廃止[2021年4月1日(木)]
  • 東京メトロ18000系営業運転開始[2021年度上半期]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年夏ごろ]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: