架線式蓄電池電車を新造へ、JR九州

2014年11月28日(金)13時52分

817系(改造試作車)
817系(改造試作車)

JR九州は27日、非電化区間を蓄電池で走行できる「架線式蓄電池電車」の量産車両の製造に着手し、2016年秋に若松線で営業運転を始めると発表した。国内初の交流型の蓄電池電車で、非電化区間と交流電化区間との直通運転が可能。

架線式蓄電池電車は、交流電力を変換する装置と、リチウムイオンの大容量高電圧の蓄電池を搭載する。2両編成7本(計14両)を導入し、2016年秋に1編成、2017年春に6編成の営業運転を始める。福北ゆたか線(筑豊本線)の交流電化区間との直通運転を想定し、電化区間では架線からの電気で走行し、走行中、停車中に充電。同線の非電化区間である若松線(筑豊本線)の折尾~若松間では、蓄電池で走行し、ブレーキをかけた際の回生エネルギーで充電する。非電化区間の走行中は、パンタグラフを下げる。若松線の営業キロは10.8キロで、今回搭載する蓄電池の容量に適した路線長であることから、同線区での導入を決定。交流電化方式での蓄電池電車の実用化は国内初となる。

同社は、近郊型交流電車817系を改造した蓄電池電車を試作し、2013年から香椎線、若松線、日田彦山線などの非電化区間で、実用化のための試験走行を行っていた。

2014年11月28日(金)13時52分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全56件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全184件

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「駅弁」に一票を

元祖珍辨たこめし、極黒豚めし、雀寿し、元祖鱒寿し、百万石弁当、巻狩べんとう…

鉄道コムおすすめ情報

画像

ムーンライトながら廃止に

JR東日本・東海が、臨時夜行快速列車「ムーンライトながら」の運転終了を発表。昨年の3月でラストランに。

画像

2022年度に量産車登場

JR東海のハイブリッド特急車両「HC85系」量産車は、2022年度に登場。翌年度にかけ「ひだ」「南紀」を置き換えへ。

画像

JR東が新事業用車2形式導入

JR東日本が、事業用車「GV-E197系」「E493系」を導入。2021年春に首都圏で先行投入。

画像

京急が座席転換車両導入

京急が、ロング・クロスシートを切換可能な車両を導入。2021年春に営業運転開始。

画像

ひたちなか海浜鉄道延伸

ひたちなか海浜鉄道の延伸事業が認可。2024年春に約3.1キロが開業予定。

画像

1月の鉄道イベント一覧

今年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: