鉄道コム

架線式蓄電池電車を新造へ、JR九州

2014年11月28日(金)13時52分

817系(改造試作車)
817系(改造試作車)

JR九州は27日、非電化区間を蓄電池で走行できる「架線式蓄電池電車」の量産車両の製造に着手し、2016年秋に若松線で営業運転を始めると発表した。国内初の交流型の蓄電池電車で、非電化区間と交流電化区間との直通運転が可能。

架線式蓄電池電車は、交流電力を変換する装置と、リチウムイオンの大容量高電圧の蓄電池を搭載する。2両編成7本(計14両)を導入し、2016年秋に1編成、2017年春に6編成の営業運転を始める。福北ゆたか線(筑豊本線)の交流電化区間との直通運転を想定し、電化区間では架線からの電気で走行し、走行中、停車中に充電。同線の非電化区間である若松線(筑豊本線)の折尾~若松間では、蓄電池で走行し、ブレーキをかけた際の回生エネルギーで充電する。非電化区間の走行中は、パンタグラフを下げる。若松線の営業キロは10.8キロで、今回搭載する蓄電池の容量に適した路線長であることから、同線区での導入を決定。交流電化方式での蓄電池電車の実用化は国内初となる。

同社は、近郊型交流電車817系を改造した蓄電池電車を試作し、2013年から香椎線、若松線、日田彦山線などの非電化区間で、実用化のための試験走行を行っていた。

2014年11月28日(金)13時52分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全15件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全241件

鉄道コムおすすめ情報

画像

105系広島色が復活

宇部線などで活躍する105系の1本が復刻塗装に。7月9日に営業運転を開始。

画像

西九州新幹線試乗会

西九州新幹線の開業を前に、JR九州が試乗会を開催。計12000人を募集。

画像

「DLやまぐち号」運転

「SLやまぐち号」に代わり、「DLやまぐち号」が8月に運転。DE10形とDD51形が登板。

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: