南海、みさき公園に鉄道体験施設を開設

2014年6月19日(木)17時25分

鉄道体験施設(イメージ)
鉄道体験施設(イメージ)

南海電気鉄道は18日、同社が経営するレジャー施設「みさき公園」に、子ども向けの鉄道体験施設を開設すると発表した。開業時期は、2014年秋。

鉄道体験施設は、同社としては初めて開設するもので、総事業費は約1.5億円。テント構造の施設とし、床面積は約480平方メートル。10000系特急用車両「サザン」や通勤用車両など実際に使われたカットモデルを展示するほか、50000系特急用車両「ラピート」の模型を設置。同模型には、運転シミュレーターを設け、運転士体験ができるようにする。実車を使った車掌体験や、本物の踏切施設を使用した交通教育もおこなう。

展示物や入館料金などの詳細は今後決定し、鉄道体験施設の名称は公募で決める。名称の募集期間は、2014年6月23日(月)から7月9日(水)まで。ハガキで受け付け、7月下旬に発表する。同施設は、2014年秋に開業する予定。

みさき公園は、同社経営のレジャー施設で、所在地は大阪府岬町。1957年の同公園開業にあわせて、最寄り駅の駅名を「南淡輪」から公園名と同じ「みさき公園」駅に変更した。

2014年6月19日(木)17時25分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全1件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「路面電車」に一票を

広島電鉄、鹿児島市電、とさでん交通、嵐電、富山地方鉄道、東急世田谷線…

鉄道コムおすすめ情報

画像

懐かしの特急 記念乗車券

えちごトキめき鉄道が「なつかしの特別急行列車シリーズ」として記念乗車券セットを発売。6月1日、予約受付を開始。

画像

東日本の少数派車両たち

さまざまな理由で少数のみが製造された車両たち。北海道・東日本エリアで活躍している車両をご紹介します。

画像

夏の北海道、懐かしの車両

フラノエクスプレス、C62ニセコ号、711系マリンライナー……平成2年夏、北海道では多彩な車両が走っていました。

画像

北神急行が市営化

6月1日、北神急行線と神戸市営地下鉄西神・山手線の一体的運行がスタート。谷上~西神中央間は大人480円に。

画像

快速あいづ 新HM

6月1日、磐越西線の快速「あいづ」のヘッドマークが新デザインに変更。コンセプトは「季節をめぐる旅べこ」。

画像

6月の鉄道イベント一覧

今年も梅雨のシーズンがやってきました。6月の鉄道の動きを知るなら、鉄道コムのイベント情報。

鉄道未来インデックス

  • 北神急行電鉄線譲渡[2020年6月1日(月)]
  • 日比谷線直通列車有料座席サービス導入[2020年6月6日(土)]
  • 東武東上線新駅開業[2020年10月31日(土)]
  • JR北海道「はまなす」編成運用開始 [2020年10月頃]
  • キハ261系5000代運転開始[2020年10月頃]
  • 瀬戸内エリア新観光列車導入[2020年秋頃]
  • JR北海道キハ40形塗装復刻車両運転開始[2020年秋]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: