鉄道コム

トワイライトエクスプレス、来春運転終了

2014年5月28日(水)16時0分

トワイライトエクスプレス
トワイライトエクスプレス

JR西日本は28日、寝台特急「トワイライトエクスプレス」の運転を2015年春で終了すると発表した。車両の老朽化が主な理由。

「トワイライトエクスプレス」がデビューしたのは、青函トンネルが開通した翌年の1989年7月。大阪~札幌間を日本海沿いに走る団体専用列車として運転を始めた。当初は車両が1編成のみで、週に2往復の運転だったが、同年12月に1編成を増備。週に4往復の運転となり、一般の臨時列車になった。1990年にはA寝台を追加し、10両化。1991年4月には3編成目が投入され、多客期を中心に毎日運転が始まった。豪華寝台列車として人気があったが、3編成とも旧国鉄時代に製造された24系寝台客車などを改造し、使用していたため、老朽化を理由に廃止が決まった。

同社では2015年2月までの運転予定日を発表しており、最終運転日を含めた同年3月以降の計画は、決定次第明らかにするとしている。

トワイライトエクスプレスの営業キロは約1496キロで、臨時列車を含め、日本で最も長い距離を走る旅客列車となっている。現在のダイヤでは、大阪駅を11時50分に発車した列車が札幌駅に着くのは翌朝の9時52分、札幌駅を14時5分に発車した列車は大阪駅に翌日の昼12時53分に着き、所要時間はいずれも22時間台。1列車での運転時間も国内最長になっている。

2014年5月28日(水)16時0分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全34件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全636件

鉄道コムお知らせ

画像

185系乗車で伊豆急下田へ

10月の3連休、品川~伊豆急下田間を185系で往復乗車するツアーが開催

鉄道コムおすすめ情報

画像

西九州新幹線いよいよ開業

9月23日開業の西九州新幹線。新幹線「かもめ」で使われるN700Sの車内外をご紹介します。

画像

EF58-61が鉄道博物館に収蔵

お召列車けん引機のEF58形61号機が、鉄道博物館で常時展示へ。10月30日より公開。

画像

鉄道マイスター検定

「鉄道を学問する」オンライン検定。車両や歴史などの5分野から出題。キミの鉄道知識を試せ!

画像

新幹線部分開業の理由は

武雄温泉~長崎間での開業となり、博多方面へは乗換が必要となる西九州新幹線。その経緯をたどります。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • 台湾向け新型電気機関車納入開始[2022年]
  • 川崎重工PA-5増備車両トランスハドソン公社向け納入完了[2022年]
  • 東横線デジタルATC導入[2022年]
  • リクライニングシート搭載京王5000系導入[2022年下期]