北大阪急行延伸、関係4者で基本合意

2014年3月31日(月)18時26分

延伸区間(イメージ)
延伸区間(イメージ)

大阪府、箕面市、北大阪急行電鉄、阪急電鉄の4者は31日、北大阪急行線の延伸について、工事区間、新駅、費用負担割合などで基本合意したと発表した。開業目標は2020年度。

北大阪急行線の延伸は、同線の千里中央駅から国道423号沿いを北上する形で整備するもの。延伸部には箕面船場駅、新箕面駅(いずれも仮称)の2駅を設ける。終端駅となる新箕面駅は、箕面市の新都心「かやの中央」地区に位置し、千里中央~新箕面間の路線延長は約2.5キロ。千里中央駅から1.4キロの地点に、地下駅の箕面船場駅を設置する。箕面船場駅を出てしばらくすると地上に上がる構造とし、新箕面駅は高架駅とする。延伸事業には、国の社会資本整備総合交付金を活用し、千里中央駅から箕面船場駅手前までは北大阪急行電鉄が、箕面船場駅から新箕面駅までは箕面市と北大阪急行電鉄が整備する。想定される整備費用は約650億円で、このうち600億円が建設費、50億円が車両費。建設費は、北大阪急行電鉄が受益相当額80億円を負担し、残りの520億円を国、大阪府、箕面市が負担する。車両費は、国と箕面市が折半する。延伸整備後は、北大阪急行電鉄が運営する。

今回の延伸は、1989年に運輸政策審議会において、2005年までに整備着手することが適当と位置づけられた。2010年にようやく整備計画案がまとまり、このたび4者の基本合意とともに正式に事業化が決まった。今後は、都市計画の決定や鉄道事業法に基づく許認可など、事業化に必要な法的手続きを進め、事業に着手。2020年度の開業を目指す。開業後は、箕面市中央部などから大阪市中心部へのアクセスが向上するほか、バス路線の再編、国道423号(新御堂筋)の渋滞緩和が進むとしている。

2014年3月31日(月)18時26分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全128件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全135件

鉄道コムおすすめ情報

画像

AF機能の使い分け

カメラマン助川康史さんによる連載。今回は、撮影シーンに応じたAF機能の使い分けをご紹介。

画像

17000系デビュー

有楽町・副都心線用の新型車両「17000系」が、2月21日に営業運転を開始。

画像

185系記念入場券

「『メモリアル185』記念入場券」が、3月1日に発売。ゆかりのある各駅の入場券のほか、オリジナル方向幕が付属。

画像

千葉エリアの新型車両

千葉エリア向けの新型車両「E131系」。報道公開の際、筆者がファン目線で気になったこととは?

画像

カメラアワード結果発表

皆さまにご投票いただいた、鉄道の撮影に適したベストカメラ。その結果は?

画像

2月の鉄道イベント一覧

春のダイヤ改正まであとひと月。2月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 東海道新幹線新型トロリ線摩耗検知システム導入開始[2021年2月ごろ]
  • 茂市駅新駅舎供用開始[2021年2月下旬]
  • JR東日本時差通勤・複数回利用ポイント還元サービス開始[2021年春]
  • 北大阪急行千里中央~新箕面間開業[2020年度]
  • 西鉄天神大牟田線・貝塚線運賃変更[2021年3月6日(土)]
  • JR東タッチでエキナカサービス開始[2021年3月13日(土)]
  • JRグループダイヤ改正[2021年春]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: