神戸電鉄

急勾配路線に対応した「山岳仕様車」で統一

デ300形・デ310形

画像

デ300形はボックスタイプのクロスシート仕様で登場した。鈴蘭台~菊水山(休止)間 写真=赤川英爾

神戸電鉄初のWN駆動方式の高性能車。主電動機出力は75キロワットで2両ユニットの全電動車方式を採用している。神戸電気鉄道時代の1960(昭和35)年に扉間をクロスシートとしたデ300形4両が登場。62(昭和37)年にはロングシート・前面貫通形のデ310形6両が登場した。デ300形は71(昭和46)年に3扉ロングシート化。2000系などに置き換えられ、94(平成6)年に全車廃車された。

文・土屋武之

前の車両へ

次の車両へ

神戸電鉄の往年の車両たち

神戸有馬電気鉄道として開業した神戸電鉄は、急勾配や急曲線が続く六甲山地を越えるため、使用される電車も抑速ブレーキなどを装備した、山岳仕様のもので揃えられている。沿線人口の急増で車体は大型化を繰り返してきたが、現在でも車両の全長は18メートル級、全幅は2・7メートルまでに抑えられ、他社と比べてひと回り小ぶりである。

  • デ1形・デニ11形

    1928(昭和3)年の開業時に神戸有馬電気鉄道が製造した15メートル級電車。

  • デ101形

    デ1形の車体を0.2メートル延長したタイプの増備車。

  • テン1形

    神戸有馬電気鉄道時代の1929(昭和4)年に1両だけ製造された「展望電車」。

  • デ201形・デ211形

    運輸省規格型電車で、神戸有馬電気鉄道時代の1948(昭和23)年にデ201形8両を、神戸電気鉄道時代の51(昭和26)年に同型車で前面貫通形としたデ211形3両を投入

  • デ800形・デ810形

    デ1形・デニ11形・デ101形・デト1001形の走行系機器を利用し、新製車体と組み合わせた更新改造車。

<週刊朝日百科>歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄

14号 神戸電鉄

2011年6月7日(火)発売

第14号の表紙画像
朝日新聞出版発行

神戸電鉄/能勢電鉄/北条鉄道/北近畿タンゴ鉄

  • ●懐かしい鉄道風景探しの旅
  • ●クロニクル神戸電鉄 六甲の北と南を鉄路で結んだ歴史
  • ●往年の車両たち 神戸電鉄テン1形 ほか
  • ●今を走る車両カタログ 北近畿タンゴ鉄道KTR8000形「タンゴディスカバリー」 ほか
  • 【連載】
    • 追憶 地方の鉄道/加悦鉄道

朝日新聞出版提供

関連コンテンツ

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深いJR車両に一票を

E6系新幹線電車、キハ100系気動車、227系電車、683系電車、87系気動車、E721系電車、M250系電車…

鉄道コムおすすめ情報

画像

ハローキティはるか

関空特急「はるか」に、ハローキティラッピング車両が登場。1月29日より運転開始。

画像

春の臨時列車一覧

2019年春の臨時列車リリースが発表されました。一覧はこちら……

画像

明大前駅のこの遺構は?

かつて東京で構想されていた「第2の山手線」。その路線計画をたどります。

画像

京急が開業120周年

京急が開業120周年を迎え、式典を開催。「兄弟」の社長も駆けつけました。

画像

1月の鉄道イベント一覧

1月の計画をたてるなら、鉄道コムのイベント情報をご活用ください