神戸電鉄

急勾配路線に対応した「山岳仕様車」で統一

デ101形

画像

デ101形のトップナンバー101号。この車両は保存の計画があったため現存している。有馬線鵯越~丸山間 写真=小川峯生

デ1形の車体を0.2メートル延長したタイプの増備車。1929(昭和4)年に神戸有馬電気鉄道により10両が新製された。71(昭和46)年までに4両が800系とデヤ750形に機器を供出。残る6両も廃車となったが、デ101号は鈴蘭台車庫の入れ換え用として、車籍がない機械扱いながら健在である。

文・土屋武之

前の車両へ

次の車両へ

神戸電鉄の往年の車両たち

神戸有馬電気鉄道として開業した神戸電鉄は、急勾配や急曲線が続く六甲山地を越えるため、使用される電車も抑速ブレーキなどを装備した、山岳仕様のもので揃えられている。沿線人口の急増で車体は大型化を繰り返してきたが、現在でも車両の全長は18メートル級、全幅は2・7メートルまでに抑えられ、他社と比べてひと回り小ぶりである。

  • デ1形・デニ11形

    1928(昭和3)年の開業時に神戸有馬電気鉄道が製造した15メートル級電車。

  • テン1形

    神戸有馬電気鉄道時代の1929(昭和4)年に1両だけ製造された「展望電車」。

  • デ201形・デ211形

    運輸省規格型電車で、神戸有馬電気鉄道時代の1948(昭和23)年にデ201形8両を、神戸電気鉄道時代の51(昭和26)年に同型車で前面貫通形としたデ211形3両を投入

  • デ300形・デ310形

    神戸電鉄初のWN駆動方式の高性能車。

  • デ800形・デ810形

    デ1形・デニ11形・デ101形・デト1001形の走行系機器を利用し、新製車体と組み合わせた更新改造車。

<週刊朝日百科>歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄

14号 神戸電鉄

2011年6月7日(火)発売

第14号の表紙画像
朝日新聞出版発行

神戸電鉄/能勢電鉄/北条鉄道/北近畿タンゴ鉄道

  • ●懐かしい鉄道風景探しの旅
  • ●クロニクル神戸電鉄 六甲の北と南を鉄路で結んだ歴史
  • ●往年の車両たち 神戸電鉄テン1形 ほか
  • ●今を走る車両カタログ 北近畿タンゴ鉄道KTR8000形「タンゴディスカバリー」 ほか
  • 【連載】
    • 追憶 地方の鉄道/加悦鉄道

朝日新聞出版提供

関連コンテンツ

鉄道コム20周年記念

画像

想い出深いJR車両に一票を

815系電車、383系特急型電車、77系客車、DF200形、E5系・H5系新幹線電車、GV-E400系気動車…

鉄道コムおすすめ情報

画像

ニューシャトルに新色登場

埼玉新都市交通の2020系4編成目が2月18日にデビュー。ラインカラーは「ゴールデントパーズ」。

画像

鉄博 EF65特別展示

鉄道博物館でEF65を特別展示。16日はヘッドマークの掲出も実施。特別展示は2月18日まで。

画像

西武「Laview」報道公開

西武鉄道の新型特急車両001系が報道公開されました。外観は?車内は?

画像

ありがとう189系ツアー

189系の定期運転終了を記念して、長野~軽井沢間で団体臨時列車を運転。

画像

春の臨時列車一覧

2019年春に運転される臨時列車のリリースをまとめました。一覧はこちらから。

画像

2月の鉄道イベント一覧

2月の計画をたてるなら、鉄道コムのイベント情報をご活用ください