名古屋鉄道

特急車両の系譜(1)

転換式クロスシートを装備して自動車に対抗した「スーパーロマンスカー」

5000系(初代)

画像

卵形車体が特徴的だった5000系(初代)。長野電鉄の2000系は、この5000系(初代)と5200系の車体構造を参考に製造された車両で、いまだ現役である。名古屋本線伊奈~豊橋間 写真=稲谷行典

3900系などで研究されていた電動車ユニット、軽量車体などを採り入れ、カルダン駆動方式としてさらに発展させた名古屋鉄道初の高性能電車。1955(昭和30)年に登場し、セミモノコック構造の丸みを帯びた車体が大きな特徴で注目を集めた。75キロワット級主電動機を使用する全電動車方式は、7700系に至るまで標準方式として採用され続けた。座席は転換式クロスシート。編成は4連固定が基本。計30両が製造されている。86(昭和61)年までに5300系に走行系機器を譲って廃車となった。

文・土屋武之

前のグループへ

次の車両へ

名古屋鉄道の特急車両

地域性を反映して古くから「自動車王国」であった名古屋にあって、名古屋鉄道は高性能で居住性に優れた転換式クロスシートを装備する車両を次々に開発、投入してきた。「SR(スーパーロマンスカー)車」と総称されるこのグループの頂点に立つものが、前面展望車「パノラマカー」である。また8800系「パノラマDX」で採用されたハイデッカー式前面展望室は、現行の1000系「パノラマsuper」にも受け継がれている。

  • 5200系

    5000系のマイナーチェンジ版で、支線区への入線や分割・併結に備えて、2連固定編成、前面貫通形となったのが最大の変化である。

  • 5500系

    モータリゼーションに対抗して居住性をより高めるため、特別料金不要の列車用としては日本で初めて本格的に冷房を搭載(1936~37〈昭和11~12〉年にかけて、南海電気鉄道2001形が一部の車両で冷房サービスを行った例がある)した、特筆される系列である。

  • 7000系「パノラマカー」

    名古屋鉄道のみならず、名古屋のシンボルとして広く親しまれた、昭和30年代を代表する名車。

  • 7500系「パノラマカー」

    幹線の優等列車における高速運転を前提に7000系の車体を低重心化。

  • 7300系

    支線直通特急の冷房化を進めるため、7000系から展望室をなくした形の車体に、3800系などから流用した吊り掛け式駆動の走行系機器を組み合わせて1971(昭和46)年に30両が製造された。

  • 7700系

    「SR車」グループは7500系を除いて、ラッシュ時などに併結運転も盛んに行われていたが、増結用あるいは支線直通特急用の2連が不足したため、7000系から展望室をなくし、一般的な貫通形運転台に設計変更した車両を計画。

  • 8800系「パノラマDX」

    知多半島や犬山方面へ向かうレジャー客を自家用車から鉄道へと導くため、小グループでの旅行を前提として研究、設計された豪華な観光専用特急車。

<週刊朝日百科>歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄

8号 名古屋鉄道(1)

2010年9月21日(火)発売

第8号の表紙画像
朝日新聞出版発行

名古屋本線/豊川線/犬山線/各務原線/広見線/小牧線/津島線/尾西線/竹鼻線/羽島線

  • ●懐かしい鉄道風景探しの旅
  • ●クロニクル名古屋鉄道(1)中小私鉄を統合し路線網を築いた歴史
  • ●特急車両の系譜 7000系「パノラマカー」 ほか
  • ●名車両の系譜 MRM100・200形 ほか
  • ●今を走る車両カタログ 2000系「ミュースカイ」 ほか
  • 【連載】
    • 評伝・私鉄の人/土川元夫

朝日新聞出版提供

関連コンテンツ

鉄道コムおすすめ情報

画像

E653系が国鉄特急色に

E653系が臨時列車用として水戸支社へ。塗装は485系をイメージしたものに変更。

画像

ロマンスカーLSEラストラン

LSEラストランツアーをリポート。20日、21日の「小田急ファミリー鉄道展」では、最後の展示も実施されます。

画像

大阪モノレール新型車両運転開始

大阪モノレールの新型車両3000系が、10月21日に営業運転を開始します。

画像

開業時の鉄道の原点めぐり

10月14日は「鉄道の日」。開業時の鉄道の原点をリポート。

画像

10月の鉄道イベント一覧

鉄道イベントシーズン到来! 鉄道コムでは現在、500件以上のイベント情報を掲載中…

画像

車両基地関連のイベント一覧

年に1度きりの車両基地一般公開は見逃せません。最新のイベント情報をお見逃しなく

鉄道コム forスゴ得

外部サイト

「鉄道の日」の注目イベントを紹介

スゴ得契約者なら、鉄道コムの未来ニュースやイベント情報も追加契約不要でご覧になれます