小田急電鉄

名車両の系譜

沿線の宅地開発による通勤・通学輸送客増加に対応した一般形電車たち

2400形

画像

電動車と制御車で異なる車体長を持つ異色車2400形。乗降扉位置はほぼ均等となるように配置されていた。小田原線経堂駅付近 写真=宮内明朗

全電動車方式のため、保守費用が高額であった2200形の欠点を改め、電動車と付随車の比率(MT比)を1対1で同等の性能とした3扉車。1959(昭和34)年に登場し、以後4年間で116両と大量製造された。ホーム有効長に限りがあるなか、粘着性能を確保するため4連固定編成のうち電動車が19メートル級、制御車が16メートル級という不揃いな車体長を採用。これが特徴となり経済性の高さから「High Economy(HE)」車との愛称が付いた。4000形(初代)の高性能化用に主電動機を供出して89(平成元)年に全廃された。

文・土屋武之

前の車両へ

次の車両へ

小田急電鉄の名車両

小田急電鉄の一般形車両は沿線の人口増大とともに進化。戦中の1600形は17メートル車だったが、運輸省から割り当てられた1800形で20メートル車初登場。2200形は小田急初の高性能通勤形電車、2600形は高性能電車初の20メートル車だった。なお、2600形の20メートル両開き4扉という仕様は小田急電鉄一般形車両のスタンダードとなり、最新車両の4000形(二代目)まで続いている。

  • 1600形

    1942(昭和17)年、13年ぶりの新造車として全長17メートル級の3扉ロングシート車デハ1600形10両とクハ1650形3両が製造された。

  • 1800形

    終戦直後の深刻な車両不足に際し国鉄モハ63形が計20両、1946(昭和21)年に小田急電鉄にも入線。デハ1800形、クハ1850形となった。

  • 2200形

    1954(昭和29)年に登場した小田急電鉄初の高性能通勤形電車。

  • 2600形

    小田急の高性能電車初の20メートル級4扉車体を採用。

  • 9000形

    営団地下鉄(現・東京メトロ)千代田線との相互乗り入れ用に1972(昭和47)年から90両が製造された。

  • 500形

    鉄輪を使用する跨座式(ロッキード式)モノレールである向ケ丘遊園モノレール線用の車両。

<週刊朝日百科>歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄

1号 小田急電鉄

2010年7月27日(火)発売

第1号の表紙画像
朝日新聞出版発行

小田原線/江ノ島線/多摩線

  • ●懐かしい鉄道風景探しの旅
  • ●クロニクル小田急電鉄 都心・新宿から神奈川西部を目指した歴史
  • ●名車両の系譜 1600形、2400形、2600形、9000形ほか
  • ●今を走る車両カタログ 50000形「VSE」、60000形「MSE」、4000形ほか
  • 【連載】
    • 評伝・私鉄の人/利光鶴松

朝日新聞出版提供

関連コンテンツ

鉄道コムおすすめ情報

画像

「etSETOra」10月デビュー

広島エリアを走る新たな観光列車「etSETOra」(エトセトラ)が、10月3日に営業運転を開始。

画像

神戸線100周年HM

阪急神戸線100周年を記念したヘッドマークが、7月10日に掲出開始。伊丹線100周年HMも。

画像

新幹線・特急が50%割引

JR東日本の「お先にトクだ値スペシャル」。新幹線・特急が50%割引に。

画像

珍しい鉄道システムの数々

アプト式、ゴムタイヤ地下鉄、リニア……数ある鉄道システムの中から、日本唯一の事例をご紹介。

画像

ありがとう リゾートみのり

運転終了が延期となっていた「リゾートみのり」。ラストラン列車が8月8日~10日に運転。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。