小田急電鉄

ロマンスカーの系譜

新幹線開発に貴重なデータを提供した「ロマンスカー」

3100形「NSE」

画像

名古屋鉄道7000系、7500系とともに前面展望車の先駆けとなった3100形「NSE」。小田原線厚木~海老名間 写真=寺西知幸

3000形「SE」は多くの民鉄特急車に対する呼び水となり、皮肉にも登場後数年のうちに、それほど豪華とは見なされなくなってしまった。折しも1964(昭和39)年の東京オリンピック開催が決定。それまでに特急ロマンスカーの輸送力増強を行うこととなり、3000形を基本としたデラックスな新型車が開発された。これが63(昭和38)年デビューの3100形で、「New Super Express(NSE)」と愛称も付けられている。3100形の大きな特徴としては、3000形では見送られた展望室を採用したことがある。日本初の「パノラマカー」の称号は名古屋鉄道7000系に奪われていたが、やはり前面展望は電車列車の大きなセールスポイントであることから、また別な味わいを持つ優美なデザインでまとめられた。

編成は箱根登山鉄道線の有効長の改良工事で対応可能な11車体連接。20メートル車7連分に相当する約140メートルに全長が伸ばされた。座席は回転式クロスシートで喫茶カウンターもある。主電動機は出力を110キロワットにアップ。ミンデン式の空気ばね台車を採用し、新製時から冷房を搭載するなど3000形からの改良が行われている。新宿~小田原間の所要時間は3100形の登場でノンストップ62分にまで短縮された。11連×7本が量産された3100形は64(昭和39)年のブルーリボン賞を受賞。その後の小田急ロマンスカーの標準となり、「NSE」は2000(平成12)年まで活躍、長く小田急電鉄を代表した。なお、その後に登場した7000形、10000形、50000形は、いずれも前面展望などの仕様が3100形を基本に設計されている。

文・土屋武之

画像

3100形の展望室。写真は3000形「SE」とすれ違うシーンだ 写真=生方良雄

前の車両へ

次のグループへ

小田急のロマンスカー

小田急電鉄の代名詞的存在となっている「ロマンスカー」は1949(昭和24)年に1910形が初登場。そして、57(昭和32)年には3000形「SE」がデビューする。連接構造をはじめとする最新技術、狭軌世界最高速記録の樹立など、当時としては最先端をゆく車両であった。また前面展望車は3100形「NSE」から始まり、その伝統は現在の50000形「VSE」まで脈々と受け継がれている。

  • 1910形

    小田急電鉄の特急運転の歴史は戦後の復興期、1948(昭和23)年に始まった。

  • 1700形

    1910形は特急用としては中途半端であったため、1951(昭和26)年には早々に後継車の1700形が誕生した。

  • 2300形

    1948(昭和23)年に小田急電鉄は、新宿~小田原間1時間運転という将来的な大目標を打ち出した。

  • キハ5000・5100形

    御殿場方面の観光開発を狙って、1955(昭和30)年から始まった国鉄御殿場線への乗り入れ準急用(小田急線内では「特別準急」)に新製されたのがキハ5000形2両。

  • 3000形「SE」

    3000形「SE」 小田急電鉄の社運を賭けたプロジェクトであった新型特急車の研究開発は、1957(昭和32)年に3000形「SuperExpress(SE)」として結実した。

  • 2320形

    高度経済成長の時代に入ると「ロマンスカー」は利用客が大幅に増え、特急券の入手も困難となった。

<週刊朝日百科>歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄

1号 小田急電鉄

2010年7月27日(火)発売

第1号の表紙画像
朝日新聞出版発行

小田原線/江ノ島線/多摩線

  • ●懐かしい鉄道風景探しの旅
  • ●クロニクル小田急電鉄 都心・新宿から神奈川西部を目指した歴史
  • ●名車両の系譜 1600形、2400形、2600形、9000形ほか
  • ●今を走る車両カタログ 50000形「VSE」、60000形「MSE」、4000形ほか
  • 【連載】
    • 評伝・私鉄の人/利光鶴松

朝日新聞出版提供

関連コンテンツ

鉄道コムおすすめ情報

画像

ありがとう リゾートみのり

運転終了日が延期となっていた「リゾートみのり」。ラストラン列車のツアーが8月8日~10日に催行。

画像

N700Sのチェックポイント

東海道新幹線の新型車両「N700S」がいよいよ7月にデビュー。N700系との比較ポイントなどを紹介します。

画像

みんなの九州きっぷ

JR九州の新幹線や特急などが2日間乗り放題。北部九州版と全九州版の2種類で、7月1日から発売。

画像

「36ぷらす3」10月デビュー

JR九州のD&S列車「36ぷらす3」が10月15日に営業運転を開始。5日かけて九州を周遊。

画像

京成沿線おでかけきっぷ

京成線全線(一部を除く)で利用可能な、3日分のフリーきっぷ。7月1日から8月31日まで発売。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。