名車両の系譜

東武鉄道

特急車両の系譜

国鉄との激しい競争に打ち勝つため、デラックスな特急車が次々に登場

東武特急の歴史を語るうえで、世界的な観光地・日光をめぐる戦前からの国鉄とのデッドヒートは欠かせない。ライバルの存在を大いに意識したため、投入された車両は現在の「スペーシア」に至るまで、設備・サービスとも常に時代の最先端をゆくものばかり。それは東武特急の伝統となっている。

  • トク1形500号貴賓車

    日光線全通を受けて、1929(昭和4)年に製造された木造貴賓客車。

  • デハ10系(5310系)

    1935(昭和10)年に初めて投入された、東武鉄道のみならず関東では初めての本格的な特急用電車である。

  • 5320系・5800系

    1951(昭和26)年の浅草工場の火災で焼失した電車の代替として同年に新製されたクロスシート車クハ550形6両を、翌年さらに電動車化。

  • 5700系

    デハ10系を置き換え、特急列車を近代化するために1951(昭和26)年に2連×3本が新製された特急用電車。

  • 1700系

    最新技術を採り入れて国鉄との「日光線競争」に「決着」をつけるべく、東武鉄道が1956(昭和31)年に投入した平行カルダン駆動方式・軽量車体の画期的な高性能特急車。

  • 1720系・1700系「DRC」

    国鉄が逆転を賭けて投入した157系に対抗すべく、より豪華な特急車として新製された「デラックスロマンスカー」。

  • 6000系

    「DRC」と比べて見劣りがした急行・快速の改善用に1964(昭和39)年に登場した2扉クロスシート車。

東武鉄道

名車両の系譜(1)

創業期から旅客・貨物輸送を支えた機関車と軌道用の電車

蒸気鉄道として創業した東武鉄道は多数の蒸気機関車を輸入し、旅客列車の電車化後も貨物に使用した。大手私鉄の中では最後まで貨物営業を行っていたことでも知られており、多くの形式・両数の電気機関車も用いられた。

  • B1・B3・B4・B5・B6形

    B1形は東武鉄道の開業に際し、1898(明治31)年に10両が製造された2B形蒸気機関車で官設鉄道5500形の同形機。

  • 1950(昭和25)年東芝製で、東武鉄道が初めて自社発注した電気機関車。

  • ED5010形・ED5050形

    ED5010形は1957(昭和32)年から日立製作所で14両が製造された主力機。

  • ED5060形はED5010形と同形・同性能の東芝製箱形機。

  • 200形

    1954(昭和29)年に、輸送力増強を目的として6編成が新製された日光軌道線用2車体連接車。

関連コンテンツ

鉄道コムお知らせ

画像

近鉄「楽」入換体験ツアー

大和西大寺や名張などの車庫で入換体験できる限定ツアー。団体貸切用車両「楽」に乗車

鉄道コム20周年記念

画像

想い出深い秘境駅に一票を

抜海駅、筬島駅、一の渡駅、赤岩駅、男鹿高原駅、久我原駅、土合駅、筒石駅…

鉄道コムおすすめ情報

画像

東急目黒線向け新車両

東急が目黒線向けに新型車両「3050系」を導入。6両編成3本を2019年秋に投入予定。

画像

「楽」で車庫めぐり

4月30日、5月1日、近鉄の団体貸切列車「楽」でのツアーが催行。車庫での入換体験など。

画像

名鉄が新型車両を導入

名鉄の2019年度設備投資計画が発表。新型車両「9500系」導入のほか、駅舎工事など。

画像

WEST EXPRESS 銀河

JR西の新たな長距離列車は「WEST EXPRESS 銀河」に決定。エクステリアなども発表。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正や春休みイベントが目白押し。3月の計画を立てるなら、鉄道コムのイベント情報!