駆け抜けた名列車

2009年に運行していた列車

列車一覧(掲載順) / 1~10件を表示しています

全27件

  • 特別準急「朝霧」

    特別準急「朝霧」

    • 半世紀の歴史を持つ小田急直通優等列車

    1955(昭和30)年、小田急電鉄(以下、小田急)と国鉄御殿場線を直通する新宿~御殿場間の優等列車「銀嶺」と「芙蓉」、各1往復が運転を開始した。

  • 特急「はやぶさ」

    特急「はやぶさ」

    • 半世紀を走り続けた東京~九州間の名門特急

    隼というスピード感あふれる鳥の名をとった特急「はやぶさ」は、1958(昭和33)年に新設された。

  • 特急「おおぞら」

    特急「おおぞら」

    • 道民の期待を担って登場した北海道初の特急

    1961(昭和36)年10月、貫通式のキハ82形を含むキハ80系気動車が全国各地に投入され、特急網が一気に拡充された。

  • 急行「宗谷」

    急行「宗谷」

    • 宗谷本線を象徴する列車

    文字通り宗谷本線を代表する「宗谷」という列車名が初めて付いたのは、1960(昭和35)年に運転を開始した札幌~稚内間の準急だった。

  • 準急「ひだ」

    準急「ひだ」

    • 準急から急行、特急へ進化を遂げた看板列車

    1958(昭和33)年、名古屋~富山間で準急「ひだ」が運転を開始した。

  • 特急「とかち」

    特急「とかち」

    • 十勝の中心地への都市間連絡列車

    帯広を中心とした地方の名称、「十勝」を名乗る列車は、もともと札幌~帯広間を滝川経由で走る急行だった。

  • 急行「由布」

    急行「由布」

    • 由布岳をバックに走り続ける久大本線の代表列車

    久大本線と聞いて、多くの人はまず由布院温泉や由布岳を連想する。

  • 特急「オホーツク」

    特急「オホーツク」

    • ヘッドマークには 「OKHOTSK」

    オホーツク海に由来する北海道らしい列車名「オホーツク」が初めて登場したのは1959(昭和34)年のこと。

  • 特急「いなほ」

    特急「いなほ」

    • 40周年を迎えた羽越本線伝統の特急

    1969(昭和44)年10月、上野と秋田の間を上越線、羽越本線経由で結ぶ特急が新設された。その名は「いなほ」。

  • 特急「かもめ」

    特急「かもめ」

    • 2度も蘇った由緒ある列車名

    「かもめ」という列車名が最初に登場したのは1937(昭和12)年のこと。

鉄道コムおすすめ情報

画像

「懐かしの鉄道写真展」開幕

朝日新聞東京本社で「懐かしの鉄道写真展」が開催。開催期間は9月14日~27日。10月には大阪本社でも。

画像

七尾線に521系

2020年秋ごろより、七尾線に521系を導入。翌年からはICOCAサービスの導入も。

画像

上信150形引退

9月23日に上信電鉄150形のクモハ153・154号が営業運転を終了。同社最後の150形が引退へ。

画像

「エアポート」に特別快速

2020年春に快速「エアポート」が毎時1本増発へ。うち朝夕の計4本は特別快速として運転。

画像

秋田内陸線に新たな観光列車

秋田内陸縦貫鉄道が新しい観光列車を2020年2月に導入。導入にあたり、名称の公募も。

画像

旧型客車をリニューアル

2020年4月、高崎エリアを走るSL列車の旧型客車がリニューアル。現行の内装での運行は10月28日まで。

画像

9月の鉄道イベント一覧

季節は秋へ。9月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。