駆け抜けた名列車

1960年に運行していた列車

列車一覧(掲載順) / 31~40件を表示しています

全62件

  • 特急「あさかぜ」

    特急「あさかぜ」

    • 「動くホテル」と呼ばれた元祖ブルートレイン

    1958(昭和33)年10月、初の固定編成客車20系が、東京~博多間の寝台特急「あさかぜ」でデビューした。

  • 急行「山陽」

    急行「山陽」

    • 気動車から電車へ。山陽本線の象徴的な急行

    山陽本線の優等列車として単純明快な「山陽」という名称が初めて登場したのは、1960(昭和35)年のこと。

  • 急行「あさひ」

    急行「あさひ」

    • 新幹線に名前を譲った東北地方の都市間急行

    1960(昭和35)年11月、本州を横断して仙台と新潟を結ぶ準急が新設された。

  • 急行「むろね」

    急行「むろね」

    • 二十余年を走り続けた大船渡線初の優等列車

    岩手県の内陸部、一ノ関から太平洋側に出て気ま仙沼を経由して盛に至る大船渡線に、初の優等列車が登場したのは1960(昭和35)年6月のこと。

  • 急行「土佐」

    急行「土佐」

    • 高松と高知を結んだ都市間優等列車

    高知の旧国名に由来する「土佐」という列車名が最初に登場したのは、1959(昭和34)年のこと。既存の「南風」に続き、高松~窪川間に設定された客車準急に、この名が付けられた。

  • 急行「阿波」

    急行「阿波」

    • 高徳線を駆け抜けたスプリンター

    1959(昭和34)年、高徳本線(現・高徳線)高松~徳島間に準急「阿波」が新設された。

  • 急行「丹波」

    急行「丹波」

    • 福知山線の顔として名を馳せた気動車列車

    「丹波」という北近畿地方の旧国名をとった列車は、1960(昭和35)年6月にキハ55系気動車による準急でデビューした。

  • 急行「津軽」

    急行「津軽」

    • 「出世列車」の異名をとった奥羽本線の名物列車

    青森県西部を指す地名である「津軽」という名の列車は、1954(昭和29 )年に上越線、 羽越本線経由上野〜青森間の不定期夜行急行で登場した。

  • 急行「鷲羽」

    急行「鷲羽」

    • 二十余年を走り続けた四国連絡優等列車

    1959(昭和34 )年9月、56(昭和31)年から京都~宇野間で運転していた客車昼行準急が、鷲羽山にちなみ「わしう」と命名された。

  • 急行「能登路」

    急行「能登路」

    • 40年以上走り続けた能登半島の看板列車

    1960(昭和35)年、それまで北陸本線金沢~七尾線輪島間で運転していた快速が準急に格上げされ、能登半島や石川県北部の旧国名にちなみ、「のとじ」と命名された。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

想い出深い譲渡車両に一票を

青い森701系、富士急行8500系、大井川鐵道7200系、紀州鉄道KR301、筑豊電気鉄道2000形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

東京駅発着の中央線各停廃止

3月14日のダイヤ改正で、東京駅発着の中央線各駅停車は廃止。総武緩行線の御茶ノ水折り返しも廃止へ。

画像

「サフィール」は最大4本運転

3月14日にデビューする「サフィール踊り子」。定期・臨時あわせて1日最大4本運転。

画像

2020年春ダイヤ改正

2020年春のJRグループダイヤ改正、「のぞみ12本ダイヤ」など各社の内容はこちら。

画像

新京成の新型車両80000形

新技術の採用や、新たな価値の創造がコンセプト。デビューは12月27日。

画像

700系ラストラン

東海道新幹線ラストランは3月8日。2月からは2編成に引退記念装飾を実施。

画像

12月の鉄道イベント一覧

2019年もあとわずか。12月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。