駆け抜けた名列車

1960年に運行していた列車

列車一覧(掲載順) / 31~40件を表示しています

全62件

  • 特急「あさかぜ」

    特急「あさかぜ」

    • 「動くホテル」と呼ばれた元祖ブルートレイン

    1958(昭和33)年10月、初の固定編成客車20系が、東京~博多間の寝台特急「あさかぜ」でデビューした。

  • 急行「山陽」

    急行「山陽」

    • 気動車から電車へ。山陽本線の象徴的な急行

    山陽本線の優等列車として単純明快な「山陽」という名称が初めて登場したのは、1960(昭和35)年のこと。

  • 急行「あさひ」

    急行「あさひ」

    • 新幹線に名前を譲った東北地方の都市間急行

    1960(昭和35)年11月、本州を横断して仙台と新潟を結ぶ準急が新設された。

  • 急行「むろね」

    急行「むろね」

    • 二十余年を走り続けた大船渡線初の優等列車

    岩手県の内陸部、一ノ関から太平洋側に出て気ま仙沼を経由して盛に至る大船渡線に、初の優等列車が登場したのは1960(昭和35)年6月のこと。

  • 急行「土佐」

    急行「土佐」

    • 高松と高知を結んだ都市間優等列車

    高知の旧国名に由来する「土佐」という列車名が最初に登場したのは、1959(昭和34)年のこと。既存の「南風」に続き、高松~窪川間に設定された客車準急に、この名が付けられた。

  • 急行「阿波」

    急行「阿波」

    • 高徳線を駆け抜けたスプリンター

    1959(昭和34)年、高徳本線(現・高徳線)高松~徳島間に準急「阿波」が新設された。

  • 急行「丹波」

    急行「丹波」

    • 福知山線の顔として名を馳せた気動車列車

    「丹波」という北近畿地方の旧国名をとった列車は、1960(昭和35)年6月にキハ55系気動車による準急でデビューした。

  • 急行「津軽」

    急行「津軽」

    • 「出世列車」の異名をとった奥羽本線の名物列車

    青森県西部を指す地名である「津軽」という名の列車は、1954(昭和29 )年に上越線、 羽越本線経由上野〜青森間の不定期夜行急行で登場した。

  • 急行「鷲羽」

    急行「鷲羽」

    • 二十余年を走り続けた四国連絡優等列車

    1959(昭和34 )年9月、56(昭和31)年から京都~宇野間で運転していた客車昼行準急が、鷲羽山にちなみ「わしう」と命名された。

  • 急行「能登路」

    急行「能登路」

    • 40年以上走り続けた能登半島の看板列車

    1960(昭和35)年、それまで北陸本線金沢~七尾線輪島間で運転していた快速が準急に格上げされ、能登半島や石川県北部の旧国名にちなみ、「のとじ」と命名された。

鉄道コムおすすめ情報

画像

ありがとう リゾートみのり

運転終了日が延期となっていた「リゾートみのり」。ラストラン列車のツアーが8月8日~10日に催行。

画像

N700Sのチェックポイント

東海道新幹線の新型車両「N700S」がいよいよ7月にデビュー。N700系との比較ポイントなどを紹介します。

画像

みんなの九州きっぷ

JR九州の新幹線や特急などが2日間乗り放題。北部九州版と全九州版の2種類で、7月1日から発売。

画像

「36ぷらす3」10月デビュー

JR九州のD&S列車「36ぷらす3」が10月15日に営業運転を開始。5日かけて九州を周遊。

画像

京成沿線おでかけきっぷ

京成線全線(一部を除く)で利用可能な、3日分のフリーきっぷ。7月1日から8月31日まで発売。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。