駆け抜けた名列車

1960年に運行していた列車

列車一覧(掲載順) / 1~10件を表示しています

全62件

  • 特別準急「朝霧」

    特別準急「朝霧」

    • 半世紀の歴史を持つ小田急直通優等列車

    1955(昭和30)年、小田急電鉄(以下、小田急)と国鉄御殿場線を直通する新宿~御殿場間の優等列車「銀嶺」と「芙蓉」、各1往復が運転を開始した。

  • 急行「伊豆」

    急行「伊豆」

    • 戦後に君臨した伊豆半島の代表列車

    伊豆半島を走る列車として単純明快な名称が登場したのは、戦後日本の復興が軌道に乗った1953(昭和28)年のこと。

  • 特急「はやぶさ」

    特急「はやぶさ」

    • 半世紀を走り続けた東京~九州間の名門特急

    隼というスピード感あふれる鳥の名をとった特急「はやぶさ」は、1958(昭和33)年に新設された。

  • 特急「明星」

    特急「明星」

    • 生まれ変わって九州で明るく輝いた夜行列車

    夜行列車にふさわしい「明星」という名は、1950(昭和25)年に東京~大阪間の急行に付けられた。

  • 急行「かいもん」

    急行「かいもん」

    • 気動車、客車、電車による栄枯盛衰の急行

    1959(昭和34)年、鹿児島本線にキハ55系による気動車準急が新設され、薩摩半島にそびえる開かいもんだけ聞岳にちなみ、「かいもん」と名付けられた。

  • 急行「まりも」

    急行「まりも」

    • 3度の生涯を送った道東への急行

    「まりも」という列車名は阿寒湖の特別天然記念物に由来し、1951(昭和26)年に函館~釧路間、小樽経由の客車急行で登場。

  • 急行「狩勝」

    急行「狩勝」

    • 待望の急行形気動車キハ56系のデビュー列車

    石狩と十勝の境にある狩勝峠に由来する「狩勝」という列車名は、1958(昭和33)年に函館~釧路間の準急に初めて付いた。

  • 急行「利尻」

    急行「利尻」

    • 半世紀を走った最果ての夜行列車

    1958(昭和33)年、それまでの快速を格上げし、札幌~稚内間に宗谷本線経由で夜行準急「利尻」が登場。

  • 急行「宗谷」

    急行「宗谷」

    • 宗谷本線を象徴する列車

    文字通り宗谷本線を代表する「宗谷」という列車名が初めて付いたのは、1960(昭和35)年に運転を開始した札幌~稚内間の準急だった。

  • 準急「ひだ」

    準急「ひだ」

    • 準急から急行、特急へ進化を遂げた看板列車

    1958(昭和33)年、名古屋~富山間で準急「ひだ」が運転を開始した。

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コム アンケート実施中

みなさまの鉄道趣味にかける傾向や、鉄道コムへのご意見ご感想をお寄せください。抽選でプレゼントも。

鉄道コムおすすめ情報

画像

WEST EXPRESS 銀河は山陰へ

2020年5月8日より、関西~出雲市間の夜行列車として運転。料金は京都発で10,640円から。

画像

原宿駅新駅舎は3月供用開始

山手線原宿駅の新駅舎と新ホームは、2020年3月21日に供用開始。コンコースは約3倍に。

画像

小田急5000形を詳しく見る

小田急電鉄の新型通勤型車両「5000形」。開放感のある車内などを画像つきでご紹介します。

画像

「SLもおか」重連運転

11月23日、「SLもおか」号が重連で運転。真岡鐵道C11+C12の重連運転は今回がラスト。

画像

11月の鉄道イベント一覧

11月も数多くのイベントが開催されます。11月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。