駆け抜けた名列車

1954年に運行していた列車

列車一覧(掲載順) / 1~10件を表示しています

全26件

  • 急行「伊豆」

    急行「伊豆」

    • 戦後に君臨した伊豆半島の代表列車

    伊豆半島を走る列車として単純明快な名称が登場したのは、戦後日本の復興が軌道に乗った1953(昭和28)年のこと。

  • 特急「明星」

    特急「明星」

    • 生まれ変わって九州で明るく輝いた夜行列車

    夜行列車にふさわしい「明星」という名は、1950(昭和25)年に東京~大阪間の急行に付けられた。

  • 急行「まりも」

    急行「まりも」

    • 3度の生涯を送った道東への急行

    「まりも」という列車名は阿寒湖の特別天然記念物に由来し、1951(昭和26)年に函館~釧路間、小樽経由の客車急行で登場。

  • 急行「松島」

    急行「松島」

    • 特急街道を走り続けた仙台行き急行

    1954(昭和29)年、東北本線上野~仙台間の準急を格上げした急行が、日本三景で知られる観光地にちなみ「松島」と命名された。

  • 準急「火の山」

    準急「火の山」

    • 力強い列車名で九州を横断した列車

    活火山阿蘇のカルデラを通り、九州を横断する豊肥本線にふさわしい「火の山」という列車名が登場したのは、1954(昭和29)年のこと。

  • 準急「ゆのか」

    準急「ゆのか」

    • 経路を変えて走り続けた温泉地・別府への足

    「ゆのか」という名称は「湯の香」をひらがなで表記したもので、温泉地への列車に付けられた。

  • 急行「大雪」

    急行「大雪」

    • 貫禄の客車編成で石北本線を走った急行

    北海道のほぼ中央にそびえる大雪山に由来する「大雪」という列車名は、1951(昭和26)年にデビューした。

  • 特急「かもめ」

    特急「かもめ」

    • 2度も蘇った由緒ある列車名

    「かもめ」という列車名が最初に登場したのは1937(昭和12)年のこと。

  • 急行「雲仙」

    急行「雲仙」

    • 本州と長崎を結んだ庶民の急行

    第2次大戦後の復興が進む中、1950(昭和25)年、東京~長崎間で運転していた急行列車が、長崎県を代表する山に由来した「雲仙」と名付けられた。

  • 急行「安芸」

    急行「安芸」

    • 蒸気機関車が牽引した豪華編成の寝台急行

    三原から海田市まで風光明媚な瀬戸内海に沿い、山陽本線を迂回する呉線。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「九州の路線」に一票を

肥薩おれんじ鉄道、熊本電気鉄道、甘木鉄道、九州新幹線、香椎線、大村線…

鉄道コムおすすめ情報

画像

SL大樹「ふたら」

東武鉄道のSL列車が、10月から下今市~東武日光間でも運転。列車名は「SL大樹『ふたら』」。

画像

風っこが三鉄へ

9月12日・13日に、「びゅうコースター風っこ」が三陸鉄道に入線するツアー専用列車が運転。

画像

秩鉄デキ撮影会

熊谷貨物ターミナル駅で秩父鉄道の電気機関車・貨車を撮影。10月3日・4日に開催。

画像

夜のSL撮影会

真岡鐡道が、8月22日・29日に、事前応募制の蒸気機関車夜間撮影会を開催。

画像

ゆふいんの森運転再開

運休が続いていた「ゆふいんの森」が、8月8日に博多~豊後森間で運転を再開。

画像

8月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番。夏の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。