駆け抜けた名列車

特急「明星」 - 生まれ変わって九州で明るく輝いた夜行列車

この列車の画像
ブルートレイン版「明星」には14系、24系25形が充当された。写真は24系25形の編成。肥後二見~上田浦間 1984年 写真=稲谷行典

夜行列車にふさわしい「明星」という名は、1950(昭和25)年に東京~大阪間の急行に付けられた。これが68(昭和43)年に、新大阪~熊本間の寝台特急に生まれ変わる。この列車には寝台電車583系が使用され、72(昭和47)年時点で新大阪~博多間、京都~熊本間の列車も含めた4往復へと成長する。

75(昭和50)年には列車愛称名の整理により、「明星」は電車3往復、客車4往復(14系および24系25形。「あかつき」との併結もあり)となり、西鹿児島発着や、筑豊本線経由といったバリエーションも出現する。こうして賑やかになったのも束の間、すぐに衰退が始まり、78(昭和53)年から段階的に本数を削減。そして82(昭和57)年には新大阪~西鹿児島間の客車1往復のみとなる。さらに84(昭和59)年からは「あかつき」との併結となり、JR移行がせまる86(昭和61)年に廃止となった。

文・松尾彦孝

<週刊朝日百科>歴史でめぐる 鉄道全路線 国鉄・JR

第18号(鹿児島本線・香椎線)

2009年11月2日(月)発売

第18号の表紙画像
朝日新聞出版発行

  • ●懐かしい鉄道風景探しの旅/クロニクル鹿児島本線 九州の大動脈として基幹を担った歴史
  • ●追憶の廃線 鹿児島本線旧線(現・肥薩おれんじ鉄道)、甘木線、勝田線、室木線、矢部線、芦屋線、大蔵線、小倉裏線
  • ●駆け抜けた名列車 特急「はやぶさ」、特急「みずほ」、特急「明星」ほか
  • ●往年の車両たち C59形蒸気機関車、ナハネフ22形客車ほか
  • ●今を走る車両 783系電車、811系電車ほか
  • 【連載】
    • 鉄道史の舞台/ブルートレイン
    • 評伝・鉄道の人/ヘルマン・ルムシュッテル

この列車の関連カテゴリ

鉄道コムお知らせ

画像

20周年貸切列車企画発表!

485系お座敷列車「華」の夜行列車で、東京から大垣へ。ツアーの詳細はこちらから。

鉄道コムおすすめ情報

画像

G20サミット開催の影響は?

大阪で開催されるG20サミット。警備強化のため、さまざまな対策が進められています。

画像

近鉄の新型軌道検測装置

近鉄が新型軌道検測装置を導入。営業列車として運行中に、線路のゆがみなどを検測可能に。

画像

14系夜行列車の旅

クラブツーリズムが、東武鉄道のDE10+14系4両によるDL夜行列車乗車ツアーを7月24日に開催。

画像

はるかに新型車両

関空特急「はるか」に、増結用として新型車両271系を導入。はるか全列車の9両編成化が可能に。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨でもイベント続々!6月の計画を立てるなら、鉄道コムのイベント情報!

鹿児島本線の駆け抜けた名列車

関連コンテンツ