駆け抜けた名列車

特急「はやぶさ」 - 半世紀を走り続けた東京~九州間の名門特急

この列車の画像
西鹿児島(現・鹿児島中央)駅を発車するC61形12号機牽引の「はやぶさ」。1961年 写真=宮内明朗

隼というスピード感あふれる鳥の名をとった特急「はやぶさ」は、1958(昭和33)年に新設された。運転区間は東京~鹿児島間で、客車は軽量10系とともにマロネ40形などを充当。当時は、特急列車というだけで文字通り特別な存在だったが、60(昭和35)年からは、客車がブルートレイン20系に置き換わり、さらに格調高いものとなり、運転区間も東京~西鹿児島(現・鹿児島中央)間に変更。熊本県や鹿児島県の人々にとって、東京へ直通するブルーの車体のこの列車は、憧れの的だった。

この時点で、牽引機は東京から姫路までEF58形、下関までC62形、関門間がEF10形、そして九州内は西鹿児島までC61形とリレーが行われている。

その後は電気機関車牽引範囲が徐々に拡大されるとともに、65(昭和40)年10月からは熊本以南にDD51形が投入され、全区間の無煙化が実現。そして70(昭和45)年10月からは、全区間が電気機関車牽引となった。鹿児島本線内で牽引した歴代の電気機関車は、ED72・73・75・76形の各形式にわたる。一方客車は75(昭和50)年から24系24形、翌年からは24系25形へと進化している。また、68~75(昭和43~50)年は、付属編成を長崎までの運転としていた。

85(昭和60)年からはロビーカー、89(平成元)年からは個室「ソロ」を連結しサービスを向上させるが、利用者の夜行列車離れから、その後は衰退していく。97(平成9)年には運転区間を熊本までに短縮し、99(平成11)年からは付属編成を廃止し、代わりに14系の「さくら」と併結するようになる。

さらに2005(平成17)年には「はやぶさ」も14系となり、併結相手が「富士」に代わった。これが最後の東京発着ブルートレインとなり、09(平成21)年3月、ついに廃止されたのである。

文・松尾彦孝

  • この列車の画像

    現在は第三セクター肥薩おれんじ鉄道となった肥後二見~上田浦間の八代海沿いを走るED76形+24系25形による「はやぶさ」。1984年 写真=稲谷行典

<週刊朝日百科>歴史でめぐる 鉄道全路線 国鉄・JR

第18号(鹿児島本線・香椎線)

2009年11月2日(月)発売

第18号の表紙画像
朝日新聞出版発行

  • ●懐かしい鉄道風景探しの旅/クロニクル鹿児島本線 九州の大動脈として基幹を担った歴史
  • ●追憶の廃線 鹿児島本線旧線(現・肥薩おれんじ鉄道)、甘木線、勝田線、室木線、矢部線、芦屋線、大蔵線、小倉裏線
  • ●駆け抜けた名列車 特急「はやぶさ」、特急「みずほ」、特急「明星」ほか
  • ●往年の車両たち C59形蒸気機関車、ナハネフ22形客車ほか
  • ●今を走る車両 783系電車、811系電車ほか
  • 【連載】
    • 鉄道史の舞台/ブルートレイン
    • 評伝・鉄道の人/ヘルマン・ルムシュッテル

この列車の関連カテゴリ

鉄道コムお知らせ

画像

近鉄「楽」入換体験ツアー

大和西大寺や名張などの車庫で入換体験できる限定ツアー。団体貸切用車両「楽」に乗車

鉄道コム20周年記念

画像

想い出深い秘境駅に一票を

天塩川温泉駅、小幌駅、上有住駅、あぶくま駅、峠駅、塔のへつり駅、白丸駅…

鉄道コムおすすめ情報

画像

東急目黒線向け新車両

東急が目黒線向けに新型車両「3050系」を導入。6両編成3本を2019年秋に投入予定。

画像

「楽」で車庫めぐり

4月30日、5月1日、近鉄の団体貸切列車「楽」でのツアーが催行。車庫での入換体験など。

画像

名鉄が新型車両を導入

名鉄の2019年度設備投資計画が発表。新型車両「9500系」導入のほか、駅舎工事など。

画像

WEST EXPRESS 銀河

JR西の新たな長距離列車は「WEST EXPRESS 銀河」に決定。エクステリアなども発表。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正や春休みイベントが目白押し。3月の計画を立てるなら、鉄道コムのイベント情報!

鹿児島本線の駆け抜けた名列車

関連コンテンツ